Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

毎日のみ言葉教皇の意向に合わせて、一緒に祈り、祈祷の使徒になるために、主イエスとともに生きましょう[1]

🌸 父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。 🌸

2022年11月20日
み言葉の典礼

Praying Flower

朝イエスと共に

王であるキリストの祭日を、喜びと驚くべき愛への感謝をもって迎え入れましょう。イエスは謙遜な王であり、その憐れみを受けるようあなたを招かれ、それを、良い盗賊やあなたにお与えになったように、他の人にも与えるよう望んでおられます。「はっきり言っておくが、あなたは今日、わたしと共に楽園にいるであろう。」(ルカ23:35-43)。主はあなたをその憐れみの使命に与らせます。あなたは周りの人のために、具体的にどのような行為をしたいですか?教皇の今月の意向のために、この一日を捧げましょう。天におられる私たちの父よ…

🌸 🌸 🌸

日中イエスと共に

一日の道のりの途中で立ち止まり、教皇フランシスコの言葉をしばし考えてみてください。王であるキリストは「支配するために来たのではなく、仕えるために来たのです…力のしるしをもって来たのではなく、しるしの力をもって来たのです。貴重な紋章を身にまとわず、十字架の上で裸でおられるのです。そして、イエスが「王」と定義されるのは、まさに十字架上につけられた銘においてなのです。その王権は、まさに人間の域を超えたものです!他の人のような王ではなく、他の人のための王、と言えます。」このことについて、イエスと一緒に祈りましょう。彼に倣い、彼のように愛することができるよう、願いましょう。

Bông Hoa Cầu Nguyện

🌸 🌸 🌸

祈る花

夜イエスと共に

静けさに入り、一日を締めくくりましょう。どうでしたか?経験した出会いや出来事をどのように生きましたか?今日一日を、神との出会いの場、自分を捧げ、神の国のために働く祭壇として生きましたか?憐れみと柔和な心で、周りの人の必要に気を配りましたか?奉仕の姿勢で自分の仕事をこなしましたか?毎日が主のための弟子となる機会です。もっとうまくできたはずのことのために、赦しを求めましょう。苦しんでいる子供たちのために祈り、明日への決意を固めましょう。アヴェ・マリア…

🌸 🌸 🌸

[1] 教皇による意向のために毎日3回祈る取り組みとして「祈祷の使徒」(教皇による祈りの世界ネットワーク)本部では2016年より “Click to Pray“(祈りのクリック)が始まりました。すなわち、日々のみ言葉と教皇による毎月の意向に合わせて、毎日、朝と日中と夕に祈る取り組みです。

祈祷の使徒2022年11月
Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です