Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:病者への司牧的ケア (7月)

祈祷の使徒
🌸「祈る花」🌸へようこそ

2024年07月13日

毎日のみ言葉と教皇の意向に合わせて、一緒に祈り、祈祷の使徒になるために、主イエスとともに生きましょう[1]

聖イグナチオ・ロヨラの祈り

🌸 父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。 🌸
祈る花:Inoruhana

朝イエスと共に

主を認めること
 「だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。」(マタイ10:24-33)。この新しい一日に感謝し、今日一日がもたらすものすべてに心を開きましょう。
 主があなたの人生の中心であることを認めること以上に、新しい一日にふさわしい目的があるでしょうか?今日、これをあなたの目的にしてください。新しい始まりはこの認識から始めましょう。
 聖母マリアの助けのもと、捧げる祈りによって、苦しみの中にある兄弟姉妹から始めて、主を認めることを心に誓いましょう。
(EYMチーム イタリア)

🌸 🌸 🌸

日中イエスと共に

証人の勇気
 時々、私たちは、特に大きな苦しみの瞬間に、見捨てられたという感覚に打ちひしがれることがありますが、教皇フランシスコは、「イエスでさえ、オリーブの園と十字架上でこの試練に遭われた」ことを思い起こさせます: 御父よ、なぜ私をお見捨てになったのですか。
 時には、私たちはこのような霊的な乾きを感じることがあります。御父は私たちの面倒を見てくださいます、私たちの価値は御父の目には大きいのですから。大切なのは正直さであり、あかしの勇気であり、すなわち信仰のあかしです。それは『人々の前でイエスを認めること』であり、善を行なって前進することなのです。
 たとえ困難であっても、信仰を守ること、そして信仰をあかしする勇気がどれほど大切であるかを忘れないでください。
 教皇による月ごとの祈りを行いましょう。
(EYMイタリアチーム)

祈る花:Inoruhana

🌸 🌸 🌸

祈る花:Inoruhana

夜イエスと共に

主のまなざしのもとに
 今日、福音を通して主が与えてくださったすべてのことに感謝しましょう。あなたを取り囲むすべてのものの中に神を認めることができるような、新たな気づきを得ることができましたか?神はすべてのものの中におられ、すべては神の中にあるからです。
 まだ疑いを持っていますか?あるとすれば、それはどのようなものですか?主が見ておられるように自分を見ることができるように、主の目にはあなたは価値ある存在であるのだから、価値ある存在として自分を見ることができるように、主に助けを求めてください。
 このことを心に留めて、信仰を強め、敗北や失敗といった否定的な考えをすべて捨て去ることを自分に許してください。マリアの執り成しによってこのことを願い求めなさい。
 天におられる私たちの父よ...。(EYMチーム・イタリア)

🌸 🌸 🌸

日にち
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[1] 教皇による意向のために毎日3回祈る取り組みとして「祈祷の使徒」(教皇による祈りの世界ネットワーク)本部では2016年より “Click to Pray“(祈りのクリック)が始まりました。すなわち、日々のみ言葉と教皇による毎月の意向に合わせて、毎日、朝と日中と夕に祈る取り組みです。

毎日のみ言葉を味わう

年間第十四土曜日(7/13)

恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。
集会祈願

全能永遠の、神である父よ、私たちの行いが、いつもみ旨にかなうよう導いてください。御子キリストのうちにあって、豊かな実りを結ぶことができますように。聖霊による一致のうちに、あなたと共に神であり、世々とこしえに生き、治められる御子、私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。

🌸 第一朗読 (イザヤ6:1-8)

イザヤの預言

ウジヤ王が死んだ年のことである。
わたしは、高く天にある御座に主が座しておられるのを見た。衣の裾は神殿いっぱいに広がっていた。 2上の方にはセラフィムがいて、それぞれ六つの翼を持ち、二つをもって顔を覆い、二つをもって足を覆い、二つをもって飛び交っていた。 3彼らは互いに呼び交わし、唱えた。
「聖なる、聖なる、聖なる万軍の主。
主の栄光は、地をすべて覆う。」
4この呼び交わす声によって、神殿の入り口の敷居は揺れ動き、神殿は煙に満たされた。 5わたしは言った。
「災いだ。わたしは滅ぼされる。
わたしは汚れた唇の者。
汚れた唇の民の中に住む者。
しかも、わたしの目は
王なる万軍の主を仰ぎ見た。」
6するとセラフィムのひとりが、わたしのところに飛んで来た。その手には祭壇から火鋏で取った炭火があった。 7彼はわたしの口に火を触れさせて言った。
「見よ、これがあなたの唇に触れたので
あなたの咎は取り去られ、罪は赦された。」
8そのとき、わたしは主の御声を聞いた。
「誰を遣わすべきか。
誰が我々に代わって行くだろうか。」
わたしは言った。
「わたしがここにおります。
わたしを遣わしてください。」

🌸 答唱詩編 詩編93 典39①③

答:神の慈しみをとこしえに歌い、主のまことを代々に告げよう。

神は王。栄光に満ち、
偉大な力を身に帯びておられる。
神は世界をゆるぎなく建て、
とこしえに王座をすえ、
永遠に座しておられる。 【答】

神よ、あなたの言葉は変わることなく、
あなたの家はとこしえに尊い。
栄光は父と子と聖霊に。
初めのように今もいつも世々に。アーメン。 【答】

アレルヤ唱 典270(61)

アレルヤ・アレルヤ。キリストの名のためにののしられる人は幸い。神の霊があなた方の上にとどまってくださる。アレルヤ・アレルヤ。

🌸 福音朗読 (マタイ10:24-33)

マタイによる福音

 〔そのとき、イエスは使徒たちに言われた。〕「弟子は師にまさるものではなく、僕は主人にまさるものではない。 25弟子は師のように、僕は主人のようになれば、それで十分である。家の主人がベルゼブルと言われるのなら、その家族の者はもっとひどく言われることだろう。」
 26「人々を恐れてはならない。覆われているもので現されないものはなく、隠されているもので知られずに済むものはないからである。 27わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい。耳打ちされたことを、屋根の上で言い広めなさい。 28体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を恐れなさい。 29二羽の雀が一アサリオンで売られているではないか。だが、その一羽さえ、あなたがたの父のお許しがなければ、地に落ちることはない。 30あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。 31だから、恐れるな。あなたがたは、たくさんの雀よりもはるかにまさっている。」
 32「だから、だれでも人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表す者は、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す。 33しかし、人々の前でわたしを知らないと言う者は、わたしも天の父の前で、その人を知らないと言う。」

奉納祈願

命の源である父よ、御子の奉献を記念する供え物を受け入れてください。感謝を込めて行うこの秘跡によって、私たちの内に救いのわざが全うされますように。私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。

拝領祈願

信じる者の力である神よ、天の糧に養われて祈ります。あなたを愛し、人々に仕える熱意を、私たちの中に燃え立たせてください。私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 派遣される使徒たちが出会う厳しい状況の中で、イエスは「恐れてはならない」と言われる。預言者の言葉の中にも、たびたび「恐れるな」という言葉が出るが、人間は、自分を脅かすもの、自然の圧倒的な力に対して、人間の暴力に対して、地位や安全を脅かす動きに対して、本能的な恐れを抱いている。
 こうした人間皆に共通する恐れに加えて、イエスに従う者には、また違った恐れがある。イエスが山上の説教の中で勧める新しい生き方に対して、あるいは、イグナチオが『霊操』の中で掲げる貧しさ、人々から受ける侮辱、ついで、謙遜等、要するに、小さくされることに対して、人間は自然に恐れを抱く。人間は、ものを多く持ち、人から賞賛を受けることによって、その人になり、自分が何者であるかを主張できるからである。しかし、イエスは言う、そのようなものを失うことを「恐れてはならない」と。その時にこそ、神があなたを生かし、力づけ、救うからであると。
 そして、イエスは言う、「人々の前で自分をわたしの仲間であると言い表すものは、わたしも天の父の前で、その人をわたしの仲間であると言い表す」と。イエスの教えに従って恐れなく生きること、それは、イエスの仲間となることであり、人々がそれをどのように受け止めようとも、天の父の前で、イエスの仲間と認められることなのだと。使徒の頭であるペトロは、肝心な時に、その試しに失敗した。しかし、主イエスは彼を見捨てることなく、むしろ、彼に、新たな力を与え、いのちを懸けて、主を証しする機会をお与えになった。その神のいつくしみに信頼して生きる恵みを祈ろう。(S.T.)

🌸 AD MAJOREM DEI GLORIAM 🌸

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。