Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

毎日のみ言葉教皇の意向に合わせて、一緒に祈り、祈祷の使徒になるために、主イエスとともに生きましょう[1]

🌸 父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。 🌸

2022年11月11日
み言葉の典礼

Praying Flower

朝イエスと共に

この新しい一日を、自分の命と、神が与えてくださるすべての恵みに感謝しながらスタートします。「自分の命を保とうとする者はそれを失い、失う者はそれを救うのである。」(ルカ 17: 26-37)これまで私は、自分の時間、物、そして人との関係をどのように管理してきたでしょうか。自分を他の人に与え、私自身や私が持っているものを分かち合うことを妨げるものは何でしょうか?これらのことを通して語るイエスに寄り添い、フランシスコが今月私たちに提案している課題への取り組みを、自分の一日のうちに具体化する恵みを求めます。天におられる私たちの父よ…

🌸 🌸 🌸

日中イエスと共に

日中にちょっと立ち止まり、感謝の気持ちで、これまでに経験したすべての喜びを振り返ってみてください。もし、失敗したなら、あなたの道を修正しましょう。そして、自分の人生が光を失い、他者への贈り物となるのを止めないようにしましょう。教皇フランシスコは今月、弱い立場の子どもたちのために力を尽くすようにと呼びかけています。「この世に生まれてくる子どもたちのためなら、大人にとって、どんな犠牲も高すぎる、大きすぎるとは思われないでしょう。」 自分の立場から、彼らのために何ができるでしょうか。

Bông Hoa Cầu Nguyện

🌸 🌸 🌸

祈る花

夜イエスと共に

あなたは今日も一日、生きてきました。この旅の中で、自分の人生における神の動きを、祈りの中で発見する時です。一日の出来事から距離を置き、自由に息をさせましょう。今日、他の人に奉仕することができましたか?他の人の負担を軽減することができましたか?感謝は奉仕のしるしです。見返りを期待せず、ただ愛のために働き、人に同伴することは、真の贈り物です。自分がこのような態度をとっていると認めることができますか?他の人の必要に気を配ることができるよう、主に助けを求めてください。アヴェ・マリア…

🌸 🌸 🌸

[1] 教皇による意向のために毎日3回祈る取り組みとして「祈祷の使徒」(教皇による祈りの世界ネットワーク)本部では2016年より “Click to Pray“(祈りのクリック)が始まりました。すなわち、日々のみ言葉と教皇による毎月の意向に合わせて、毎日、朝と日中と夕に祈る取り組みです。

祈祷の使徒2022年11月
Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です