Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

毎日のみ言葉教皇の意向に合わせて、一緒に祈り、祈祷の使徒になるために、主イエスとともに生きましょう[1]

🌸 父と子と聖霊のみ名によって。アーメン。 🌸

2022年11月01日
み言葉の典礼

Praying Flower

朝イエスと共に

今朝、私は主に心を開き、諸聖人の日の祝日に感謝をささげます。教皇フランシスコは、聖人たちが 「神の現存の反映である 」ことを思い起こさせます。ですから、自分の生活の中で、私にとって神の現存を示すすべての人を思い起こすことから、この一日を始めます。また、神との友情のしるしとなった、昨今の多くの聖人に連なりたいのです。神はすべてを行われる父です。不幸な境遇で苦しんでいる子供たちのために、今日も私の苦しみをささげることができますように。天におられる私たちの父よ…

🌸 🌸 🌸

日中イエスと共に

主は、さらに完全な仕方で「幸い」となるよう願っておられます。(マタイ5:1-12)ですから一日の中で一息ついて、真の幸いの秘訣を与えてくださる主の御言葉に心を向けます。私は自問します。イエスに従うことで、より完全に生きるために、私は何に呼ばれているように思いますか?立ち止まって、日常のありふれたものの中から非凡なものを生み出した聖人たちの模範を思い浮かべます。彼らのとりなしを願い、主の使命に身をゆだねながら、自分の道を進みます。

Bông Hoa Cầu Nguyện

🌸 🌸 🌸

祈る花

夜イエスと共に

一日を終えようとしている今、今日あったすべての良いことを、感謝の気持ちをもって思い出しましょう。あなたは今日、どのように行動しましたか?周りの人のために一生懸命になることで、内なる喜びを感じましたか?周りの人を守り、癒し、助け、耳を傾けることに時間を費やしましたか?たとえ与えるものが少なくても、慈しみ、与える、という主の使命に取り組むための新たな動機を主に求めましょう。アベマリア…

🌸 🌸 🌸

[1] 教皇による意向のために毎日3回祈る取り組みとして「祈祷の使徒」(教皇による祈りの世界ネットワーク)本部では2016年より “Click to Pray“(祈りのクリック)が始まりました。すなわち、日々のみ言葉と教皇による毎月の意向に合わせて、毎日、朝と日中と夕に祈る取り組みです。

祈祷の使徒2022年11月
Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です