Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

ナザレから何か良いものが出るだろうか

ヨハネ1:46
集会祈願

🌸 第一朗読 (黙示録21:9b-14)

ヨハネの黙示

 9〔天使が〕わたしに語りかけてこう言った。「ここへ来なさい。小羊の妻である花嫁を見せてあげよう。」 10この天使が、“霊”に満たされたわたしを大きな高い山に連れて行き、聖なる都エルサレムが神のもとを離れて、天から下って来るのを見せた。 11都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。 12都には、高い大きな城壁と十二の門があり、それらの門には十二人の天使がいて、名が刻みつけてあった。イスラエルの子らの十二部族の名であった。 13東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。 14都の城壁には十二の土台があって、それには小羊の十二使徒の十二の名が刻みつけてあった。

🌸 答唱詩編 詩編145 典63 ②⑤

アレルヤ唱 典

277 聖バルトロマイ

🌸 福音朗読 (ヨハネ1:45-51)

ヨハネによる福音
 45〔そのとき、〕フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。」 46するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。 47イエスは、ナタナエルが御自分の方へ来るのを見て、彼のことをこう言われた。「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない。」 48ナタナエルが、「どうしてわたしを知っておられるのですか」と言うと、イエスは答えて、「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」と言われた。 49ナタナエルは答えた。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」 50イエスは答えて言われた。「いちじくの木の下にあなたがいるのを見たと言ったので、信じるのか。もっと偉大なことをあなたは見ることになる。」 51更に言われた。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 12使徒の一人、ヨハネ福音書ではナタナエルと記されている人物。先にイエスに出会って、心躍ったフィリッポがナタナエルに言う、「モーセが律法に記し、預言者たちが書いている方に出会った。ナザレの人で、ヨセフの子イエスだ」と。メシアという言葉はないが、まさに、メシアに違いない、との確信から出た言葉。
 ナタナエルは信じられない。旧約に一度も言及されないあの片田舎の「ナザレから良いものが出るか」と。そのナタナエルに出会ったイエスは言う、これは、「まことのイスラエル人だ」と。ヨハネ福音書の中で、「ユダヤ人」はイエスに対して、否定的な態度を取る人々、「イスラエル」は対照的に、肯定的な人々。「いちじくの木の下にいるのを見た」という表現は、いちじくの大木の木陰で、律法を学んだことから、ナタナエルが神の道を歩む真面目な人間であることを暗示している。そして、ナタナエルの信仰告白、「あなたは神の子、イエスラエルの王」が口をついて出る。イエスの十字架の上に架けられた罪状書きには、皮肉を込めて「ユダヤ人の王」と書かれたが、ナタナエルは、まごころから「イスラエルの王」と告白する。
 最後のイエスの言葉、「もっと偉大なことを見る」とは、ヤコブが夢に見た(創世記28章)、天と地を結ぶはしごになぞらえて、イエス自身が復活を通して、天と地を結ぶ、神と人とを結ぶ懸け橋になることを示している。
 あらためて主を信じ、その喜びを生きる恵みを祈ろう。(S.T.)

聖バルトロマイ使徒(8/24)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。