Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

あなたがたも憐れみ深い者となりなさい

ルカ6:36
集会祈願

🌸 第一朗読 (ダニエル9.4b-10)

 4「主よ、畏るべき偉大な神よ、主を愛しその戒めに従う者には契約を守って慈しみを施される神よ、 5わたしたちは罪を犯し悪行を重ね、背き逆らって、あなたの戒めと裁きから離れ去りました。 6あなたの僕である預言者たちが、御名によってわたしたちの王、指導者、父祖、そして地の民のすべてに語ったのに、それに聞き従いませんでした。 7主よ、あなたは正しくいます。わたしたちユダの者、エルサレムの住民、すなわち、あなたに背いた罪のために全世界に散らされて、遠くにまた近くに住むイスラエルの民すべてが、今日のように恥を被っているのは当然なのです。 8主よ、恥を被るのはわたしたちであり、その王、指導者、父祖なのです。あなたに対して罪を犯したのですから。 9憐れみと赦しは主である神のもの。わたしたちは神に背きました。 10あなたの僕である預言者たちを通して与えられた、律法に従って歩むようにという主なる神の声に聞き従いませんでした。

🌸 答唱詩編 詩編130 典117 ①②

アレルヤ唱 典263 ⑫

🌸 福音朗読 (ルカ6.36-38)

ルカによる福音
 36〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。」
 37「人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。 38与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、ふところに入れてもらえる。あなたがたは自分の量る秤で量り返されるからである。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 7年前、フランシスコ教皇は、「いつくしみの特別聖年」を始めるに先だって、『イエス・キリスト、父のいつくしみのみ顔』と題した大勅書を発行された。当時、勉強会の折によくこの冊子を利用させていただいた。神のいつくしみについて学ぼうと思えば、まずは、この冊子を読まれることをお勧めしたい。
 そこには、旧約聖書の中で繰り返し登場する神のいつくしみ、あわれみの愛についての言葉がある。そして、今読まれたルカ福音書のイエスの言葉についてのコメントもあるので、紹介したい。「わたしたちに言われていることはまず、裁かないことと、罪に定めないということです。・・・人間は表面的なところにとどまって人を裁きますが、御父は心をご覧になるのです。妬みや嫉みの気持ちから生まれることばは、本当にひどいものです。本人がいないところで兄弟の悪口をいうことは、兄弟の名誉を傷つけることであり、評判を落とし、うわさ話の餌食にすることになります。裁いたり、罪に定めたりしないということが意味するのは、どんな人にもあるよいところを積極的に受け入れること、そして一面的な判断や何でも知っているのだという思い上がりによってその人を苦しめるのをゆるさないことです。・・・イエスは、ゆるすことと与えることもわたしたちに求めています。わたしたちは神からすでにゆるしを受けたのですから、ゆるしの道具となりなさい、と。神が惜しみなく寛大にご自分のいつくしみの心を示してくださったことを知っているのだから、すべての人に対して寛大でありなさい、と。」
 旧約で繰り返し説かれた「神のいつくしみ」について、イエスがあれほど強調されたのは、人間がそれほど頑なで、自分中心だからでしょうか。(S.T.)

四旬節第二月曜日(3/14)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。