Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。

マタイ18:20
集会祈願

???? 第一朗読 (エゼキエル9:1-7、10:18-22)

 1〔主〕は大声でわたしの耳に語った。「この都を罰する者たちよ、おのおの破壊する道具を手にして近寄れ。」 2すると、北に面する上の門に通ずる道から、六人の男がそれぞれ突き崩す道具を手にしてやって来るではないか。そのうちの一人は亜麻布をまとい、腰に書記の筆入れを着けていた。彼らはやって来ると、青銅の祭壇の傍らに立った。 3すると、ケルビムの上にとどまっていたイスラエルの神の栄光はそこから昇って、神殿の敷居の方に向かい、亜麻布をまとい、腰に書記の筆入れを着けた者に呼びかけた。 4主は彼に言われた。「都の中、エルサレムの中を巡り、その中で行われているあらゆる忌まわしいことのゆえに、嘆き悲しんでいる者の額に印を付けよ。」 5また、他の者たちに言っておられるのが、わたしの耳に入った。「彼の後ろについて都の中を巡れ。打て。慈しみの目を注いではならない。憐れみをかけてはならない。 6老人も若者も、おとめも子供も人妻も殺して、滅ぼし尽くさなければならない。しかし、あの印のある者に近づいてはならない。さあ、わたしの神殿から始めよ。」彼らは、神殿の前にいた長老たちから始めた。 7主はまた彼らに言われた。「神殿を汚し、その庭を、殺された者で満たせ。さあ、出て行くのだ。」彼らは出て行き、都の人々を打った。

 18主の栄光は神殿の敷居の上から出て、ケルビムの上にとどまった。 19ケルビムは翼を広げ、傍らの車輪と共に出て行くとき、わたしの目の前で地から上って行き、主の神殿の東の門の入り口で止まった。イスラエルの神の栄光は高くその上にあった。 20これがケバル川の河畔で、わたしがイスラエルの神のもとにいるのを見たあの生き物である。わたしは、それがケルビムであることを知った。 21そのそれぞれに四つの顔と四つの翼があり、翼の下には人間の手の形をしたものがあった。 22これらの顔の形は、まさしく、わたしがケバル川の河畔で見た顔であった。それらは同じような有様をしており、おのおのまっすぐに進んで行った。

???? 答唱詩編 詩編113 典51①②

アレルヤ唱 典270 ㊾

???? 福音朗読 (マタイ18:15-20)

マタイによる福音

 15〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた〕「兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得たことになる。 16聞き入れなければ、ほかに一人か二人、一緒に連れて行きなさい。すべてのことが、二人または三人の証人の口によって確定されるようになるためである。 17それでも聞き入れなければ、教会に申し出なさい。教会の言うことも聞き入れないなら、その人を異邦人か徴税人と同様に見なしなさい。

 18はっきり言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは、天上でも解かれる。 19また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、わたしの天の父はそれをかなえてくださる。 20二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」

奉納祈願

拝領祈願

???? 分かち合い

 マタイ18章は、教会、あるいは、キリストの弟子たちが造る共同体にかかわる言葉を集めた章です。直前に読まれた「小さな者」についての話や「迷い出た小羊」の話も、皆、そうした共同体にかかわる教えだと言えます。

 マタイの教会の現実を背景にしていると思われますが、その共同体が、どれほどわたしたちの考える共同体と違うかに注意したい。教会と言っても、決して、聖人ばかりではなく、むしろ罪びとの集まりというべきです。ただ、罪びとに対する姿勢は、何と、人間的でしょうか。まず、「兄弟があなたに罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい」とあります。規則や法律ではなく、相手の人格への尊重があります。そして、受け入れたら、「兄弟を得たとこになる」と。兄弟の回心、和解が何よりも大事なのです。迷い出た羊に対する牧者の態度につながります。それが難しければ、「一人か二人、一緒に連れて行きなさい」と。それは、旧約聖書にもある、「二人または三人の証人の口によって確定される」(申命記19.15)という規定に沿うものです。そして、最後に、「教会に申し出なさい」と。法律一辺倒ではなく、兄弟としての務めをはっきりと打ち出した規則です。

 そして、教会は、イエスが約束なさったところ、「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいる」と言われたその場所です。今こそ、兄弟と共に祈るときを大切にいたしましょう。

年間十九水曜日(8月12)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。