Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:病者への司牧的ケア (7月)

年間第三十三主日(11/19)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

目を覚まし、身を慎んでいましょう

1テサロニケ5:6

貧しい人のための世界祈願日、聖書週間(26日まで)

集会祈願

あふれるほどの恵みを一人ひとりに注がれる神よ、日々の働きの場から、感謝の祭りに呼び集められたわたしたちを顧みて下さい。あなたのいつくしみのうちに憩い、与えられたいのちを豊かに生きる力が新たにされますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

🌸 第一朗読 (箴言31:10-13,19-20,30-31)

10有能な妻を見いだすのは誰か。
真珠よりはるかに貴い妻を。
11夫は心から彼女を信頼している。
儲けに不足することはない。
12彼女は生涯の日々
夫に幸いはもたらすが、災いはもたらさない。
13羊毛と亜麻を求め
手ずから望みどおりのものに仕立てる。
19手を糸車に伸べ、手のひらに錘をあやつる。
20貧しい人には手を開き、乏しい人に手を伸べる。
30あでやかさは欺き、美しさは空しい。
主を畏れる女こそ、たたえられる。
31彼女にその手の実りを報いよ。
その業を町の城門でたたえよ。

🌸 答唱詩編 詩編128 典103 ①②

答 幸せな人、神をおそれ、主の道を歩む者。

ひたいに汗してかてを受け、
恵みと平和に満たされる。
実り豊かなぶどうの木のように、
妻は家庭をうるおす。  【答】

オリープの若木のように、
子どもたちは食卓を囲む。
神の祝福はシオンから臨み、命のある限り
数多くの子孫の群れを見る。  【答】

🌸 第二朗読 (一テサロニケ5:1-6)

 1兄弟たち、その時と時期についてあなたがたには書き記す必要はありません。 2盗人が夜やって来るように、主の日は来るということを、あなたがた自身よく知っているからです。 3人々が「無事だ。安全だ」と言っているそのやさきに、突然、破滅が襲うのです。ちょうど妊婦に産みの苦しみがやって来るのと同じで、決してそれから逃れられません。 4しかし、兄弟たち、あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。ですから、主の日が、盗人のように突然あなたがたを襲うことはないのです。 5あなたがたはすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。 6従って、ほかの人々のように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。

アレルヤ唱 典274 (33A)

アレルヤ、アレルヤ。わたしのうちにとどまりなさい。わたしもあなたがたのうちにいる。わたしにとどまる人は多くの実を結ぶ。アレルヤ、アレルヤ。

🌸 福音朗読 (マタイ25:14-30 または25::14-15,19-21)

マタイによる福音

 14〔そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。〕14「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。 15それぞれの力に応じて、一人には五タラントン、一人には二タラントン、もう一人には一タラントンを預けて旅に出かけた。早速、 16五タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに五タラントンをもうけた。 17同じように、二タラントン預かった者も、ほかに二タラントンをもうけた。 18しかし、一タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。 19さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。 20まず、五タラントン預かった者が進み出て、ほかの五タラントンを差し出して言った。『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに五タラントンもうけました。』 21主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』 22次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに二タラントンもうけました。』 23主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』 24ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、 25恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』 26主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。 27それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。 28さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。 29だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。 30この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』」

奉納祈願

神よ、一人子イエス・キリストこそ、あなたからいただいた最もすばらしい恵みです。キリストが残されたこの秘跡をとおして、わたしたちがあなたの愛の深さを味わうことができますように。わたしたちの主イエス・キリストによってアーメン。

拝領祈願

救いのことばといのちのパンで養って下さる神よ、あなたは一人ひとりにご自分の宝を委ねられました。わたしたちが、いただいたものを正しく用い、あなたとともに喜びに入ることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 事実上、この日曜日が教会年度最後の通常の日曜日となる。来週の第34主日は、王であるキリストの祝日を祝う。そしてまた先週と同様、典礼年の終わりだけでなく、すべてのものの終わりと、私たちがなすべき準備を思い起こさせる。

 先週、花婿の到着を待つ10人のおとめの物語は、キリストの最後の到来に対する絶え間ない準備について述べたものだった。今日のミサは、むしろ私たちがなすべき準備について語るものである。

 第二朗読は、主の日が「夜中の盗人のように」、私たちが最も予期していないとき、最も準備ができていないときにやってくることを思い起こさせる:

 ……「わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。 6従って、ほかの人々のように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。」

 主の到来を待ち望み、目を覚ましている間(そして願わくば、しらふでいる間!)、私たちは何をすべきなのだろうか?

 第一朗読は、私たちは熱心で勤勉な忠実な妻のようであるべきだと勧めている。完全な妻は「宝石よりもはるかに尊い」と箴言は言う。妻はよく働き、主に家族のために奉仕するが、次のようにも言う:

 …..「貧しい人には手を開き、乏しい人に手を伸べる。」

 彼女の価値は、その魅力や美しさにあるのではなく、知恵、つまり、人生における本当の優先順位がどこにあるかを認識していることにある。

 しかし、福音の箇所は、私たちの活動の究極的な目的を突き止める上で、さらに踏み込んでいる。それは「タラントのたとえ」である。文字通りには、1タラントとは、今日の数千ドルに相当する非常に大きな金額であった。このたとえ話には、キリストが復活してから最後に再臨されるまでの間に必要なアドバイスが書かれている。主が私たちに託された財を責任を持って使うことで、主が私たちに責任を問うときに、私たちが主に向き合って準備できるようにすることを促しているのである。

タラントの分配

 このたとえ話には、雇い主が自分の財産を3人の召使いに託し、自分が留守の間、それぞれを管理させる場面が描かれている。彼らは同じ額を与えられているわけではなく、これは彼らがそれぞれ異なった能力、今日で言うところの「タラント」を持っていることを暗示している。また、異なる能力から異なる見返りが期待されることも暗示されている。人々は互いに競争しているのではなく、自分自身と競争しているだけなのだ。

 最初の二人は、一人は5タラント、一人は2タラントを受け取り、与えられたもので取引し、資本を倍増させた。しかし、3番目の者は、一番少ないタラントを受け取った:

 …「出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。」

 ギリシャ語本文では、「得た」あるいは「作った」という言葉は、宗教的な文脈で改宗者を獲得するために使われていた。従って、このたとえ話は、クリスチャンが目指すべき「利益」とは、ドルやセントとは無関係なものであることを示唆している。それゆえ、たった一つの才能を穴の中に掘り込んでしまった男は、その才能を純粋に自分のものにしてしまい、その努力から利益を得ることができたかもしれない他の人々にその才能をさらす危険を冒さなかったという罪を犯しているのである。

 イエスの復活から再臨までの長い期間を示唆するように、「長い時を経て」、雇い主は自分のしもべたちに責任を取らせるために戻ってくる。彼は、最初の二人が元の資本金の二倍になるほどの働きをしたことを非常に喜んでいる。彼らは信頼に足ることを示し、比較的少額であったにもかかわらず、危険を顧みない姿勢を示したので、今では自信を持ってもっと多くのものを任せられるようになったのである。彼らは「主人の喜び」、すなわち神の国に入ることができたのだ。

 三人目の男が進み出て、羊のように一タラントを差し出した。彼は主人を恐れてこう言った:

 『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、 25恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』

 雇い主は非常に怒っている。少なくとも、その金は銀行に預けて、わずかでも利子を得ることができたはずだ。しかし、まったく何も生み出さなかった。実を結ばず、火に投げ込まれるぶどうの木の枝を思い起こさせる。福音という点では、敬虔なクリスチャンであっても、キリスト教共同体の生活や、世の前で福音を証しするという使命(商業的な取引よりもはるかに危険なことだ)に対して何の貢献もしていないクリスチャンのことを指している。

4つのポイント

 この箇所について、ウィリアム・バークレイは4つの有益なポイントを挙げている:

神は各人に異なった賜物を与える:
 私たちは常に他人と自分を比較する傾向があるが、私たちが恵まれている賜物の実際の数や質は重要ではない。私たちが求められているのは、自分だけに与えられたものを十分に活用し、共同体全体の利益のために自分の才能を発揮することだけである。皆がそうすることで、コミュニティは豊かになる。
私たちの仕事に終わりはない:
 最初の二人のしもべは、自分たちがどれだけ稼いだかを示したとき、座って休んでよいとは言われなかった。そうではなく、彼らの信頼性のゆえに、さらに大きな責任が与えられたのだ:
持っているすべての者には、さらに多くのものが与えられ、豊かさを持つようになる…。

罰せられるのは、何もしない者である:

 一つのタラントを持つ者は、それを失わなかった。彼はそれを使って何もしなかった。もし失敗したとしても、憐れみと赦しに会うことができただろう。「厳しい人」としてのマスターのイメージは、そのような人に対して努力すべきなのであれば、愛と理解と慈愛に満ちた神に対してはなおさら努力すべきであるということを強調しているにすぎない。みじめな才能をひとつだけ持っている人であっても、他の人に提供できるものがある。損をするのは悪い行いをする者だけでなく、積極的に示すべき善い行いのない者であるという冷静な警告である。「でも、私は何もしていません!」と言っても、罪からは逃れられない!

 持っている者にはもっと与えられるが、何も持っていない者からは、持っているものさえ取り上げられる:
金持ちに金を払うために貧乏人から金を巻き上げるようなものだ。しかし、イエスはむしろ、与えられた賜物を惜しみなく分かち合う人は、自分たちが絶えず豊かになっていることに気づくだろうと言っているのだ。与えられたものを貪欲に守り、ため込み、外界を恐れて殻に閉じこもる人は、萎縮して死んでしまうだろう。持っているものを惜しみなく人に分け与える人は、自分自身が計り知れないほど豊かになっていることに気づくだろう。これは福音の法則であり、私たちの多くが実際には信じがたい人生の法則でもある。

変化への拒絶

 このような背景から、このたとえ話には別の解釈が与えられている。すなわち、発展を拒む宗教的伝統に対する批判である。これは、私たちの宗教を含め、すべての宗教の不変の現象である。イエスの時代のユダヤ人の多くは、律法と伝統を固く守っていた。彼らはいかなる変化や発展にも反対した。その過程で、彼らは律法の本来の精神を忘れ、この姿勢を常に批判していたイエスに当然反発した。今日の教会にも、何も変えようとせず、古いやり方に戻ろうとする人々がいる。彼らは神の霊を伝統という「覆い」の中に葬り去ろうとしている。彼らは古いワインを古いワイン用の容器に入れようとしている。これは人生への道ではない。

 最後に、私たちは、神が私たちに与えてくださった特別な才能や賜物について、今日を振り返ってみる必要がある。私たちの何人かは明らかに才能に恵まれているが、何も与えられていないと言える人はいない。そして、私たちは自分の特別な賜物を、キリスト教共同体やより広い社会への奉仕のためにどのように用いているのだろうかと自問することができる。それ以外の使い方は、才能を覆い隠して生産性のないものにしてしまうことになる。もし私たちが今日死んでイエスに会ったとしたら、イエスは私たちに尋ねただろう:

 私が与えた賜物と才能をどのように使ったか?その賜物によって、誰がどのような恩恵を受けたか?

 私たちは何と答えられるだろうか?

 主人は「夜盗のように」戻って来られるのだから、私たちは準備しなければならない。もしあなたがその才能を埋もれさせてしまっていたり、利己的な使い方しかしていないのなら、早く外に出て、御国のためにその才能を発揮させようではないか。

Living Spaceより

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする