9+

キリスト・イエスに結ばれていれば、愛の実践を伴う信仰こそ大切です。

ガラテヤ5:6
集会祈願

🌸 第一朗読 (ガラテヤ5:1-6)

 1〔皆さん、〕自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。だから、しっかりしなさい。奴隷の軛に二度とつながれてはなりません。2ここで、わたしパウロはあなたがたに断言します。もし割礼を受けるなら、あなたがたにとってキリストは何の役にも立たない方になります。 3割礼を受ける人すべてに、もう一度はっきり言います。そういう人は律法全体を行う義務があるのです。 4律法によって義とされようとするなら、あなたがたはだれであろうと、キリストとは縁もゆかりもない者とされ、いただいた恵みも失います。 5わたしたちは、義とされた者の希望が実現することを、“霊”により、信仰に基づいて切に待ち望んでいるのです。 6キリスト・イエスに結ばれていれば、割礼の有無は問題ではなく、愛の実践を伴う信仰こそ大切です。

🌸 答唱詩編 詩編119 典75②④

アレルヤ唱 典271 ⑯

🌸 福音朗読 (ルカ11:37-41)

ルカによる福音

37〔そのとき、イエスは話しておられたが、〕ファリサイ派の人から食事の招待を受けたので、その家に入って食事の席に着かれた。 38ところがその人は、イエスが食事の前にまず身を清められなかったのを見て、不審に思った。 39主は言われた。「実に、あなたたちファリサイ派の人々は、杯や皿の外側はきれいにするが、自分の内側は強欲と悪意に満ちている。 40愚かな者たち、外側を造られた神は、内側もお造りになったではないか。 41ただ、器の中にある物を人に施せ。そうすれば、あなたたちにはすべてのものが清くなる。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 「外側を造られた神は、内側もお造りになったではないか。ただ、器の中にあるものを人に施せ。そうすれば、あなたたちにはすべてのものが清くなる」(40~41節)。

 「外側と内側」は私たち人間の外側と内側、外面と内面、人に見える部分と心の中をたとえておられます。私たちは外側も内側も神様によって造られた者であり、特に内側、魂において、神様との交わりに生きるべき者です。私たちは外面をきれいにすることが大切ですが、内面を清めないと、または自分の内面が強欲や悪意などに満ちていると、やはり偽善者になってしまいます。神様の前で、外面をも内面をもきれいにしなければなりません。神様は私たちの内側、すなわち私たちのこころを特に見ておられます。偽善者にならないような恵みを願いましょう。

 皆さん、お金持ちの青年の話を覚えていますか。彼は永遠の命を求めて、この命を得るためにどうすればいいでしょうかと、主イエスのところにやってきてたずねました。主イエスは彼に勧めました。帰って持っているものをすべて売り払い、貧しい人びとに施し、そして私に従いなさいと。お金持ちの人は主イエスの言葉を聞いて、気を落とし、悲しみながら立ち去りました。残念な話ですが、いくらあらゆる律法を守っても、最も重要な掟、すなわち神を愛し、同時に人を愛し合うという掟を守らないと悲しい生活になってしまいます。お金、健康、知識、便利な生活、きれいな修道服、立派な教会など、全ては外面です。神を愛し、人々とくに困っている人々、貧しい人々を愛し合うこと、そして主イエスに従うことは心から行動なので内面というものではないかと思います。

 神に対して、内面も外面もきれいになる必要があります。同時に人に対しても、外面をも、内面をもきれいにする必要もあると思います。私たちの関係は外面の関係だけではなく、内面の関係もあるはずです。今日の御言葉は一日反省の言葉になるではないかと思います。聖母マリアの取り次ぎによって、そしてご聖体の拝領を通して主イエスのお助けによって、外面も内面も清くすることができますように祈りましょう。

年間第二十八火曜日(10月13)
9+
Tagged on:     

コメントを残す