小教区の教会のために祈る (1月)

日本宣教の保護者聖フランシスコ・ザビエル司祭(12/3)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

全世界に行って、福音を宣べ伝えなさい。

マルコ16:15
集会祈願

🌸 第一朗読 (一コリント9:16-19、22-23)

使徒パウロのコリントの教会への手紙
 

 16〔皆さん、〕わたしが福音を告げ知らせても、それはわたしの誇りにはなりません。そうせずにはいられないことだからです。福音を告げ知らせないなら、わたしは不幸なのです。 17自分からそうしているなら、報酬を得るでしょう。しかし、強いられてするなら、それは、ゆだねられている務めなのです。 18では、わたしの報酬とは何でしょうか。それは、福音を告げ知らせるときにそれを無報酬で伝え、福音を伝えるわたしが当然持っている権利を用いないということです。 
 19わたしは、だれに対しても自由な者ですが、すべての人の奴隷になりました。できるだけ多くの人を得るためです。
 22弱い人に対しては、弱い人のようになりました。弱い人を得るためです。すべての人に対してすべてのものになりました。何とかして何人かでも救うためです。 23福音のためなら、わたしはどんなことでもします。それは、わたしが福音に共にあずかる者となるためです。

🌸 答唱詩編 詩編96 典148 ①②

アレルヤ唱 典256 (聖フランシスコ・ザビエル)

🌸 福音朗読 (マルコ16:15-20)

マルコによる福音

 15〔そのとき、イエスは十一人の弟子に言われた。〕「全世界に行って、すべての造られたものに福音を宣べ伝えなさい。 16信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。 17信じる者には次のようなしるしが伴う。彼らはわたしの名によって悪霊を追い出し、新しい言葉を語る。 18手で蛇をつかみ、また、毒を飲んでも決して害を受けず、病人に手を置けば治る。」
 19主イエスは、弟子たちに話した後、天に上げられ、神の右の座に着かれた。 20一方、弟子たちは出かけて行って、至るところで宣教した。主は彼らと共に働き、彼らの語る言葉が真実であることを、それに伴うしるしによってはっきりとお示しになった。〕

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 日本宣教の保護者とされた聖フランシスコ・ザビエル司祭の祝日。スペイン、と言っても、まだ、併合される前のナバラ王国の貴族の息子が、当時、地の果てと思われた日本まで来て、そこにキリスト教を伝えることになったのはまさに、歴史の不思議というほかはない。
 彼は、鹿児島到着1年後の1550年11月ごろ、平戸から山口に向かう途中、下関に上陸して国道沿いの道を徒歩で山口に向かい、大内義隆に謁見。2か月の滞在後、厳寒の山道を辿り、岩国から船で堺へ。都でのミカド謁見の夢もかなわず、山口へ戻り、1551年4月から4か月宣教活動を展開。500人以上の人に洗礼を授けたとされる。フランシスコの活躍でキリシタン発展の基礎が築かれたが、2年3か月という短い日本滞在中をはじめ、その生涯は、いわば、挫折の連続だったと言っても過言ではない。
 なぜ、サビエルがそれほど有名になり、宣教地の保護者とされたかを考えると、彼の並外れた才能と好奇心・冒険心はもちろんだが、パリ大学での勉学中出会ったイグナチオ・ロヨラによって灯されたイエスへの愛、そして、福音宣教にかける情熱をあげるほかはない。彼が鹿児島から送った長文の手紙は、日本での活動、また日本人の特徴についてなど、当時としては、第一級の情報だが、その中で披歴される、神とイエスへの限りない愛と忠実は、読む人の心を揺さぶらずにはいない。それを読んだヨーロッパの若者が、次々と、日本への宣教にあこがれ、イエズス会に入り、日本を目指したこと、それだけでも、彼は、宣教地の保護者と呼ぶに十分であろう。(S.T.)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

関連投稿🌸

コメントする