Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

神の言は、信じるあなたがたのうちに働いている

1テサ2:13
集会祈願

🌸 第一朗読 (一テサロニケ2.9-13)

  9兄弟たちよ。あなたがたはわたしたちの労苦と努力とを記憶していることであろう。すなわち、あなたがたのだれにも負担をかけまいと思って、日夜はたらきながら、あなたがたに神の福音を宣べ伝えた。 10あなたがたもあかしし、神もあかしして下さるように、わたしたちはあなたがた信者の前で、信心深く、正しく、責められるところがないように、生活をしたのである。 11そして、あなたがたも知っているとおり、父がその子に対してするように、あなたがたのひとりびとりに対して、 12御国とその栄光とに召して下さった神のみこころにかなって歩くようにと、勧め、励まし、また、さとしたのである。
 13これらのことを考えて、わたしたちがまた絶えず神に感謝しているのは、あなたがたがわたしたちの説いた神の言を聞いた時に、それを人間の言葉としてではなく、神の言として――事実そのとおりであるが――受けいれてくれたことである。そして、この神の言は、信じるあなたがたのうちに働いているのである。

🌸 答唱詩編 詩編139 典53 ①③

アレルヤ唱 典268 ⑬

🌸 福音朗読 (マタイ23.27-32)

マタイによる福音
 27〔そのとき、イエスは言われた。】律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは白く塗った墓に似ている。外側は美しく見えるが、内側は死人の骨や、あらゆる不潔なものでいっぱいである。 28このようにあなたがたも、外側は人に正しく見えるが、内側は偽善と不法とでいっぱいである。
 29偽善な律法学者、パリサイ人たちよ。あなたがたは、わざわいである。あなたがたは預言者の墓を建て、義人の碑を飾り立てて、こう言っている、 30『もしわたしたちが先祖の時代に生きていたなら、預言者の血を流すことに加わってはいなかっただろう』と。 31このようにして、あなたがたは預言者を殺した者の子孫であることを、自分で証明している。 32あなたがたもまた先祖たちがした悪の枡目を満たすがよい。 

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

私たちはいくら決心しても、

いくら自分の内側の汚れや醜い部分に気付いたとしても、

そして、何度変わりたいと願っても、

自分の努力のみによって、自分の心を変え、

自分の内側にある汚れを完全に拭い去ることは出来ません。

私たちの心に弱さがあります。

汚れがあります。

醜い部分があります。

神に喜ばれないことを望んでしまう、罪があります。

それはまさに、主イエスが嘆くように、不幸な現実なのです。

でも、それにも関わらず、主イエスは私たち一人ひとりに向かって、

あなた方は「幸いだ」と宣言しておられます。

というのも、「人は目に映ることを見るが、主は心によって見る」と

聖書において語られているように、

何よりもまず、神が私たちの心を知っていてくださるからです。

人の心を見てくださる神は、

何よりも、私たちの心を深く、愛情をもって見つめておられます。

だからこそ、神は、私たちの弱さを知っていてくださるのです。

私たちの抱える悩みも、誰にも見せたくない醜い部分も、

誰にも理解してもらえない悲しみも、すべて神はご存知です。

「まず、杯の内側をきれいにせよ」と(マタイ23:26)。

すなわち、あなた方は自分自身の心、
また他者の心を慈しみをもってよく見てください、と。

主イエスは、希望のうちにこれを私たちに語りかけておられます。

神に心から信頼しようとするならば、私たちは、幸いです。

神によって日々、内側をきよめられ続けようとするならば、私たちはもはや、幸いです。

年間第二十一水曜日(8/25)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:         

One thought on “年間第二十一水曜日(8/25)

  • 8月 25, 2021 at 7:31 am
    Permalink

    私自身が辛く、悔しい思いをして落ち込んだり悲しんでいる時も、神様の眼差しが私に注がれている事をいつも感じていられますように🍀

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です