非営利団体のボランティアのために祈る (12月)

年間第八土曜日(5/29)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

わたしの魂は熱心に知恵を求め

シラ51:19
集会祈願

🌸 第一朗読 (シラ51.12-20)

12〔主よ、〕あなたはわたしを滅びから救い、
苦難の時に助け出してくださいました。
それゆえ、わたしはあなたに感謝をささげ、
あなたを賛美し、主の御名をほめたたえます。
13わたしは、若くして放浪の旅に出る前に、
祈りの中で公然と知恵を求めた。
14わたしは聖所の前で知恵を祈り求めた。
これからも最後まで知恵を求め続ける。
15ぶどうの花が咲き、実が熟す時のように、
わたしの心は知恵を喜びとした。
わたしの足は正しく知恵の跡を踏み、
若いころからその跡をたどり続けた。
16わたしはわずかに耳を傾けるだけで知恵を得、
多くの教訓を見いだした。
17知恵によってわたしは向上した。
わたしは知恵を与えてくださる方をたたえる。
18わたしは知恵の道を実践しようと心に決め、
善を求めた。それは裏切られることはない。
19わたしの魂は熱心に知恵を求め、
細心の注意を払って律法を行った。
わたしは天に向かって両手を上げ、
知恵をまだ知らないことを嘆いた。
20わたしは魂をひたすら知恵に向け、
身を清く保って、知恵を見いだした。
わたしは知恵とともに初めから理解する心を得た。
それゆえ、わたしは見捨てられることがない。

🌸 答唱詩編 詩編19 典44 ①②

アレルヤ唱 典272 ㉘

🌸 福音朗読 (マルコ11.27-33)

マルコによる福音
 27〔そのとき、イエスと弟子たちは〕またエルサレムに来た。イエスが神殿の境内を歩いておられると、祭司長、律法学者、長老たちがやって来て、 28言った。「何の権威で、このようなことをしているのか。だれが、そうする権威を与えたのか。」 29イエスは言われた。「では、一つ尋ねるから、それに答えなさい。そうしたら、何の権威でこのようなことをするのか、あなたたちに言おう。 30ヨハネの洗礼は天からのものだったか、それとも、人からのものだったか。答えなさい。」 31彼らは論じ合った。「『天からのものだ』と言えば、『では、なぜヨハネを信じなかったのか』と言うだろう。 32しかし、『人からのものだ』と言えば……。」彼らは群衆が怖かった。皆が、ヨハネは本当に預言者だと思っていたからである。 33そこで、彼らはイエスに、「分からない」と答えた。すると、イエスは言われた。「それなら、何の権威でこのようなことをするのか、わたしも言うまい。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 神殿の境内でのイエスと宗教指導者たちとのやりとり。
 イエスのエルサレムへの入城、また、神殿でのふるまいに驚き、憤りを感じる祭司長、律法学者、長老たちがイエスに詰問する、「何の権威で、このようなことをしているのか。だれが、そうする権威を与えたのか」と。彼らにとって「権威」とは、人間が自分の力で勝ち取る権威であろう。ラビになるためには、養成する学校(イェシバ)に通って資格を取らなければならない。そうしたことを一切していないイエスに詰問するのは、人間的に見て当然かも知れない。
 人間的権威と言えば、そのようなもの、教員免許、自動車免許、医師や弁護士の資格、皆同じ。無免許で免許を持つようなふるまいをすれば、たちまち、法に触れることになる。かつて、イスラエルの世界で、神からの呼びかけに応えて、資格を超えた活動を行った預言者たちは、皆、苦しい目にあった。最後の預言者、洗礼者ヨハネも、似たような状況に置かれた。
 宗教指導者は、こうした預言者中の預言者、イエスを前にして、戸惑いを隠せない。ヨハネの洗礼が天からのものだ、と言えば、なぜ信じなかったのかと非難され、人からのものだと、言えば、ヨハネを信じた群衆の反応が怖い。まさに、人間的な思いにだけ縛られた人々の追い込まれた状況そのものだ。
 かつて、イエスがガリラヤで教えを説かれた時、人々はその教えに驚き、「権威ある教えだ」と感嘆した。人間は人間を救うことはできない。神のみが与えることのできる救いを得るためには、神に開かれた姿勢をもたなければならないこと、あらためて心に刻もう。(S.T.)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

コメントする