非営利団体のボランティアのために祈る (12月)

聖マチア使徒のミサの典礼(5/14)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

互いに愛し合いなさい

ヨハネ15:17
集会祈願

全能の神よ、あなたは聖マチアを選び、使徒団に加えられました。わたしたちもあなたの愛を豊かに受け、聖人の取り次ぎに支えられて、選ばれた人々の集いに入ることができますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

🌸 第一朗読 (使徒言行録1.15-17、20-26)

 15〔その日、〕ペトロは兄弟たちの中に立って言った。百二十人ほどの人々が一つになっていた。 16「兄弟たち、イエスを捕らえた者たちの手引きをしたあのユダについては、聖霊がダビデの口を通して預言しています。この聖書の言葉は、実現しなければならなかったのです。 17ユダはわたしたちの仲間の一人であり、同じ任務を割り当てられていました。
20詩編にはこう書いてあります。
『その住まいは荒れ果てよ、
そこに住む者はいなくなれ。』
また、
『その務めは、ほかの人が引き受けるがよい。』
21-22そこで、主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、わたしたちを離れて天に上げられた日まで、いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに加わって、主の復活の証人になるべきです。」 23そこで人々は、バルサバと呼ばれ、ユストともいうヨセフと、マティアの二人を立てて、 24次のように祈った。「すべての人の心をご存じである主よ、この二人のうちのどちらをお選びになったかを、お示しください。 25ユダが自分の行くべき所に行くために離れてしまった、使徒としてのこの任務を継がせるためです。」 26二人のことでくじを引くと、マティアに当たったので、この人が十一人の使徒の仲間に加えられることになった。

🌸 答唱詩編 詩編113 典51 ①③

 神の名はあまねく世界に輝き、
  その栄光は天にそびえる。

ほめよ、神に仕える者よ。
神の名をほめたたえよ。
神の名に賛美、
今よりとこしえに。  【答】

神は貧しい人を立ち上がらせ、
恵まれない人を高く上げ、
支配者とともにすわらせ、
民のかしらとともに並はせる。 【答】

アレルヤ唱 典277(聖マチア)

アレルヤ、アレルヤ。あなたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたを選んだのである。アレルヤ、アレルヤ。

🌸 福音朗読 (ヨハネ15.9-17)

ヨハネによる福音 

 9〔そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた。わたしの愛にとどまりなさい。 10わたしが父の掟を守り、その愛にとどまっているように、あなたがたも、わたしの掟を守るなら、わたしの愛にとどまっていることになる。
 11これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである。 12わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。 13友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。 14わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。 15もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。 16あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。 17互いに愛し合いなさい。これがわたしの命令である。」

奉納祈願

恵み豊かな神よ、聖マチアの祝日にささげる教会の供えものを受け入れ、わたしたちに恵みと力を注いでください。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

拝領祈願

いつくしみ深い神よ、あなたの家族を豊かな恵みで満たしてください。聖マチアの祈りに助けられて、聖人の集いに加わることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 来週の日曜日は聖霊降臨の主日となります。今日から始まるこのペンテコステのノベナの間に、私たちはユダをマチアに取り替えなければなりません。使徒たちはほぼ毎日ユダと約3年間過ごしました。彼がキリストを銀貨30枚で売り、自殺した後(マタイ27:3-5)、使徒たちはおそらくトラウマを負い、裏切りという罪悪感に襲われ、混乱しました。彼らは聖霊を受ける前に、この大惨事に対処しなければなりませんでした。彼らは、ユダに関連する痛みを聖マチアに関連する平和と癒しに置き換えなければなりませんでした。

 このペンテコステで聖霊を受けるには、私たちも別れのトラウマをゆるしと癒しの恵みに置き換える必要があるかもしれません。もしも肉体的、感情的、または性的に虐待されたことがあったら、痛みを神の愛の奇跡に置き換える必要があるかもしれません。

 傷ついたり拒絶されたりするため、私たちは通常、私たちの生活から離れてしまったユダのような人々を忘れようとしますが、彼らを置き換える必要があります。まず、私たちはユダのような人をゆるさなければなりません。それから、私たちは主に、恥辱を恵みに置き換えることによって、私たちの益となるように共に働くように頼まなければなりません(ローマ8:28参照)。マチアの奇跡はペンテコステの奇跡に先行します。

 今日の福音書を読んでみますと、神は遠いところにおられる方ではありません。むしろ、神は主イエス・キリストによって、常に私たちのそばにいてくださると感じています。福音書が語ったように、私たちは主イエスの友達になりました。主イエスは父である神から聞いたすべて私たちに知らせてくださいます。更に、主イエスは私たちのためにご自分のいのちを捧げ、ご自分のいのちを捨てました。これは最も愛の行為です。神は私たちを選んで、私たちを愛しておられます。私たちを主イエスの友達にしてくださいます。私たちは今主イエスの姿が見えませんかもしれませんが、主イエスの友達だから、主イエスの存在が私たちの心の中にあると思います。勿論神は神の心の中に私たちの存在がいつもあるに違いありません。

 神の愛にとどまりましょう。そうしますと、聖マチアの取り次ぎによって、古い人を脱ぎ捨て、新しいいのちに置き換えることができるでしょう。恨みや妬み、また裏切りや悲しみなどをゆるしと愛、そして恵みと喜びに置き換えることができますようにお祈りしたいと思います。

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

コメントする