Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

わたしたちの目には不思議に見える

マタイ21:42
集会祈願

🌸 第一朗読 (創世記37:3-4、12-13a、17b-28)

創世記

 3イスラエルは、ヨセフが年寄り子であったので、どの息子よりもかわいがり、彼には裾の長い晴れ着を作ってやった。 4兄たちは、父がどの兄弟よりもヨセフをかわいがるのを見て、ヨセフを憎み、穏やかに話すこともできなかった。
 12兄たちが出かけて行き、シケムで父の羊の群れを飼っていたとき、 13イスラエルはヨセフに言った。
 「兄さんたちはシケムで羊を飼っているはずだ。お前を彼らのところへやりたいのだが。」
 ヨセフは兄たちの後を追って行き、ドタンで一行を見つけた。
 18兄たちは、はるか遠くの方にヨセフの姿を認めると、まだ近づいて来ないうちに、ヨセフを殺してしまおうとたくらみ、 19相談した。
 「おい、向こうから例の夢見るお方がやって来る。 20さあ、今だ。あれを殺して、穴の一つに投げ込もう。後は、野獣に食われたと言えばよい。あれの夢がどうなるか、見てやろう。」
 21ルベンはこれを聞いて、ヨセフを彼らの手から助け出そうとして、言った。
 「命まで取るのはよそう。」
 22ルベンは続けて言った。
 「血を流してはならない。荒れ野のこの穴に投げ入れよう。手を下してはならない。」
 ルベンは、ヨセフを彼らの手から助け出して、父のもとへ帰したかったのである。
 23ヨセフがやって来ると、兄たちはヨセフが着ていた着物、裾の長い晴れ着をはぎ取り、 24彼を捕らえて、穴に投げ込んだ。その穴は空で水はなかった。
 25彼らはそれから、腰を下ろして食事を始めたが、ふと目を上げると、イシュマエル人の隊商がギレアドの方からやって来るのが見えた。らくだに樹脂、乳香、没薬を積んで、エジプトに下って行こうとしているところであった。 26ユダは兄弟たちに言った。
 「弟を殺して、その血を覆っても、何の得にもならない。 27それより、あのイシュマエル人に売ろうではないか。弟に手をかけるのはよそう。あれだって、肉親の弟だから。」
 兄弟たちは、これを聞き入れた。
 28ところが、その間にミディアン人の商人たちが通りかかって、ヨセフを穴から引き上げ、銀二十枚でイシュマエル人に売ったので、彼らはヨセフをエジプトに連れて行ってしまった。

🌸 答唱詩編 詩編30 典65①③

アレルヤ唱 典261⑬

🌸 福音朗読 (マタイ21:33-43,45-46)

マタイによる福音

 〔そのとき、イエスは祭司長や民の長老たちに言われた。〕33「もう一つのたとえを聞きなさい。ある家の主人がぶどう園を作り、垣を巡らし、その中に搾り場を掘り、見張りのやぐらを立て、これを農夫たちに貸して旅に出た。 34さて、収穫の時が近づいたとき、収穫を受け取るために、僕たちを農夫たちのところへ送った。 35だが、農夫たちはこの僕たちを捕まえ、一人を袋だたきにし、一人を殺し、一人を石で打ち殺した。 36また、他の僕たちを前よりも多く送ったが、農夫たちは同じ目に遭わせた。 37そこで最後に、『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、主人は自分の息子を送った。 38農夫たちは、その息子を見て話し合った。『これは跡取りだ。さあ、殺して、彼の相続財産を我々のものにしよう。』 39そして、息子を捕まえ、ぶどう園の外にほうり出して殺してしまった。 40さて、ぶどう園の主人が帰って来たら、この農夫たちをどうするだろうか。」 41彼らは言った。「その悪人どもをひどい目に遭わせて殺し、ぶどう園は、季節ごとに収穫を納めるほかの農夫たちに貸すにちがいない。」 42イエスは言われた。「聖書にこう書いてあるのを、まだ読んだことがないのか。
 『家を建てる者の捨てた石、
 これが隅の親石となった。
 これは、主がなさったことで、
 わたしたちの目には不思議に見える。』
 43だから、言っておくが、神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい実を結ぶ民族に与えられる。
 45祭司長たちやファリサイ派の人々はこのたとえを聞いて、イエスが自分たちのことを言っておられると気づき、 46イエスを捕らえようとしたが、群衆を恐れた。群衆はイエスを預言者だと思っていたからである。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 『家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。これは、主がなさったことで、わたしたちの目には不思議に見える。』(マタイ21:42;詩編118:22-23)。神は私たちのために不思議なわざをなさってくださいます。そして、神が不思議なことを望んでおられるのは、私たちが回心すること、また神の御独り子主イエスを受け入れ、主イエスを信じて、主イエスに従うことです。

 しかし、度々私たちは主イエスを拒否してしまったり、利益を自己中心的に追求してしまったりしています。それにもかかわらず、神は絶えず私たちを愛しぬかれて、主イエスを通していのちを与えてくださいます。それで、私たちは神の忍耐強さと愛深さを感謝しながら、悔い改める恵みを願い求めましょう。

 今日の福音で、「ぶどう園と農夫」のたとえが語られて、ユダヤ人たちは神の子である主イエスを受け入れなくて、さらに、主イエスをぶどう園の外、すなわちエルサレム城外のゴルゴダで十字架にかけて殺したという話です。このたとえ話の中に「救いの歴史」全体を見ていると考えることができます。神は旧約時代に預言者たちを遣わしたが、イスラエルの民は彼らを受け入れませんでした。最後に神はご自分の子を遣わしたが、この主イエスも迫害され、殺されました。

 しかし、神は主イエスを復活させ、救い主として立てられました。『家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。これは、主がなさったことで、わたしたちの目には不思議に見える』(42節)。そして神の救いはユダヤ人ではなく異邦人に与えられるようになりました(43節)。異邦人とは、使徒たちから教えを聞き、主イエスを受け入れ、主イエスを信じて、そして主イエスに従う人々です。この人々は私たちなのです。

  しかし、気を付けていきたいのは今日の福音に書いてある最後のみ言葉です。「言っておくが、神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい実を結ぶ民族に与えられる」と。神の愛のために感謝しながら、日々悔い改めて、主イエスに学び、主イエスを受け入れ、主イエスに従う必要があります。その実を結ぶ者となりますようにお互いに祈り求めたいと思います。

四旬節第二金曜日(3月5)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。