Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

収穫は多いが、働き手が少ない。

ルカ10:2

聖テレジア(幼いイエスの)おとめ教会博士
幼きイエスの聖テレジアの生涯
他のリンク

集会祈願

 父である神よ、あなたは、小さい者、自分を低くする者天の国を備えてくださいます。聖テレジアが示した信頼の道をわたしたちも歩み、聖女の取り次ぎに支えられて、、栄光のいのちにあずかることができますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

???? 第一朗読 (ヨブ19:21-27)

 21〔ヨブは言った。〕憐れんでくれ、わたしを憐れんでくれ神の手がわたしに触れたのだ。あなたたちはわたしの友ではないか。22なぜ、あなたたちまで神と一緒になってわたしを追い詰めるのか。肉を打つだけでは足りないのか。23どうかわたしの言葉が書き留められるように碑文として刻まれるように。24たがねで岩に刻まれ、鉛で黒々と記されいつまでも残るように。25わたしは知っているわたしを贖う方は生きておられついには塵の上に立たれるであろう。26この皮膚が損なわれようともこの身をもってわたしは神を仰ぎ見るであろう。27このわたしが仰ぎ見るほかならぬこの目で見る。腹の底から焦がれ、はらわたは絶え入る。

???? 答唱詩編 詩編27 典73③④

答 神よ、あなたの顔の光を
  わたしたちの上に照らしてください。

神よ、わたしの声を聞き、
わたしをあわれみこたえてください。
わたしの心はささやく、
神の顔を尋ねもとめよ。
神よ、あなたの顔をわたしは慕い求める。 【答】

あなたの顔をわたしにかくさず、
怒りでしもべを退けないでください。
あなたはわたしのたすけ、
わたしを救ってくださる神。 【答】

アレルヤ唱 典268③

アレルヤ、アレルヤ。神の国は近づいた。回心して福音を信じなさい。アレルヤ、アレルヤ。

???? 福音朗読 (ルカ10:1-12)

ルカによる福音

 1そのとき、主はほかに七十二人を任命し、御自分が行くつもりのすべての町や村に二人ずつ先に遣わされた。 2そして、彼らに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。 3行きなさい。わたしはあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに小羊を送り込むようなものだ。 4財布も袋も履物も持って行くな。途中でだれにも挨拶をするな。 5どこかの家に入ったら、まず、『この家に平和があるように』と言いなさい。 6平和の子がそこにいるなら、あなたがたの願う平和はその人にとどまる。もし、いなければ、その平和はあなたがたに戻ってくる。 7その家に泊まって、そこで出される物を食べ、また飲みなさい。働く者が報酬を受けるのは当然だからである。家から家へと渡り歩くな。 8どこかの町に入り、迎え入れられたら、出される物を食べ、 9その町の病人をいやし、また、『神の国はあなたがたに近づいた』と言いなさい。 10しかし、町に入っても、迎え入れられなければ、広場に出てこう言いなさい。 11『足についたこの町の埃さえも払い落として、あなたがたに返す。しかし、神の国が近づいたことを知れ』と。 12言っておくが、かの日には、その町よりまだソドムの方が軽い罰で済む。」

奉納祈願

 父である神よ、聖テレジアのうちに注がれたあなたの恵みをたたえて祈ります。聖女の生涯を受け入れてくださったように、わたしたちの奉献をみ心にかなうものとして受け入れてください。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン

拝領祈願

 いつくしみ深い父よ、秘跡の恵みによってわたしたちの愛と信頼を強めてください。聖テレジアにならい、わたしたちもすべてをあなたにゆだね、人々の救いを心から祈るものとなりますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 今日の福音書では、主イエスが弟子たちを二人ずつ派遣したということを読んでみますと、いくつかの意味が次のように考えられています。まず、旧約時代から、「一人の証言は不確かだが、二人の証言ならば確かである」という考えがあるのです。次に、単純に二人が支えあいながら活動していけば心強いということ、そして、二人が「愛し合う」姿をとおして、主イエスの弟子であることが皆に分かるようになるという意味ではないか考えられています(ヨハネ13:35参照)。

 派遣される弟子が第一にすることは「この家に平和があるように」と言うことです。 弟子たちは、戦いや論争や挑発のために出かけるのではなく、出会う人々との間に平和を作ることが求められています。出会う人々に平和を作る前に、宣教者である弟子たちは最初に自分たちとの間に平和を作り、平和を証しする必要があります。そういう意味で、二人ずつ派遣されたわけではないかと思います。

 本当の平和は神様だけに与えられた賜物です。平和を作ることができるのは弟子たちの力ではなく、人間の力ではなく、神様の御恵みによるのです。だからこそ、主イエスが弟子たちを宣教に派遣されたときに、彼らに収穫の主に祈りなさいと言われたのです。祈りの中で平和を作るのです。

年間第二十六木曜日(10月1)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。