Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。

ルカ6:38a

日本二百五福者殉教者

集会祈願

 いつくしみ深い全能の神よ、あなたは日本の二百五人の殉教者に、苦しみを乗り越える力をお与えになりました。その勝利を祝うわたしたちが、試みにくじけることのないようお守りください。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

???? 第一朗読 (一コリント8:1b-7、11-13)

 1〔皆さん、〕知識は人を高ぶらせるが、愛は造り上げる。 2自分は何か知っていると思う人がいたら、その人は、知らねばならぬことをまだ知らないのです。 3しかし、神を愛する人がいれば、その人は神に知られているのです。 4そこで、偶像に供えられた肉を食べることについてですが、世の中に偶像の神などはなく、また、唯一の神以外にいかなる神もいないことを、わたしたちは知っています。 5現に多くの神々、多くの主がいると思われているように、たとえ天や地に神々と呼ばれるものがいても、 6わたしたちにとっては、唯一の神、父である神がおられ、万物はこの神から出、わたしたちはこの神へ帰って行くのです。また、唯一の主、イエス・キリストがおられ、万物はこの主によって存在し、わたしたちもこの主によって存在しているのです。
7しかし、この知識がだれにでもあるわけではありません。ある人たちは、今までの偶像になじんできた習慣にとらわれて、肉を食べる際に、それが偶像に供えられた肉だということが念頭から去らず、良心が弱いために汚されるのです。
11そうなると、あなたの知識によって、弱い人が滅びてしまいます。その兄弟のためにもキリストが死んでくださったのです。 12このようにあなたがたが、兄弟たちに対して罪を犯し、彼らの弱い良心を傷つけるのは、キリストに対して罪を犯すことなのです。 13それだから、食物のことがわたしの兄弟をつまずかせるくらいなら、兄弟をつまずかせないために、わたしは今後決して肉を口にしません。

???? 答唱詩編 詩編139 典53①②

答 神のはからいはかぎりなく、
  生涯わたしはその中に生きる。

神よ、あなたはわたしをこころにかけ、
わたしのすべてを知っておられる。
わたしがすわるのも、立つのも知り、
遠くからわたしの思いを見通される。【答】

歩む時も、休む時も見守り、
わたしの行いをすべて知っておられる。
くちびるにことばがのぼるまえに、
神よ、あなたはすべてを知っておられる。【答】

アレルヤ唱 典270 55

 アレルヤ、アレルヤ。互いに愛し合うなら神はわたしたちとともにおられ、その愛はわたしたちのうちにまっとうされる。アレルヤ、アレルヤ。

???? 福音朗読 (ルカ6:27-38)

ルカによる福音

 27【そのとき、イエスは弟子たちに言われた。〕「わたしの言葉を聞いているあなたがたに言っておく。敵を愛し、あなたがたを憎む者に親切にしなさい。 28悪口を言う者に祝福を祈り、あなたがたを侮辱する者のために祈りなさい。 29あなたの頬を打つ者には、もう一方の頬をも向けなさい。上着を奪い取る者には、下着をも拒んではならない。 30求める者には、だれにでも与えなさい。あなたの持ち物を奪う者から取り返そうとしてはならない。 31人にしてもらいたいと思うことを、人にもしなさい。 32自分を愛してくれる人を愛したところで、あなたがたにどんな恵みがあろうか。罪人でも、愛してくれる人を愛している。 33また、自分によくしてくれる人に善いことをしたところで、どんな恵みがあろうか。罪人でも同じことをしている。 34返してもらうことを当てにして貸したところで、どんな恵みがあろうか。罪人さえ、同じものを返してもらおうとして、罪人に貸すのである。 35しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。 36あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。」
 37「人を裁くな。そうすれば、あなたがたも裁かれることがない。人を罪人だと決めるな。そうすれば、あなたがたも罪人だと決められることがない。赦しなさい。そうすれば、あなたがたも赦される。 38与えなさい。そうすれば、あなたがたにも与えられる。押し入れ、揺すり入れ、あふれるほどに量りをよくして、ふところに入れてもらえる。あなたがたは自分の量る秤で量り返されるからである。」

奉納祈願

 聖なる父よ、二百五人の殉教者を記念してこの供えものをささげます。わたしたちの心を愛で清め、永遠のいのちの希望で満たしてください。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

拝領祈願

 いつくしみ深い神よ、殉教者の勝利を祝い、主・キリストの御からだ御血をいただいたわたしたちが、いつもあなたの愛にとどまり、あなたによって生きることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 今日は、今から150年ほど前(1867年)に列福された205人の福者殉教者の記念日です。この殉教者たちは、徳川家康の禁教令(1614年)が出された後の25年ほどの間に、長崎(55人)、江戸(50人)、仙台等でキリスト教徒あるいは、宣教師であるというだけの理由で、捕縛され、刑場に引かれ、火刑や斬首で命を捧げた人たちです。

 205人の中には、イエズス会、ドミニコ会、フランシスコ会等、ヨーロッパの修道会から送られた多くの宣教師がいましたが、大半は、第三会や組に属する信徒で、その中には、20人近い子どもたちもいました。

 こうした多数の信仰の先輩たちが、殉教者として福者に上げられたことを感謝するとともに、殉教者たちが厳しい試練においても、迷うこと、恐れることなく、唯一の変わらないお方のために、すべてを捧げた勇気から、真に永続する価値とは何かを学ぶ恵みを願いましょう。

 今日の福音は、イエスの教えの中心である愛についての教えです。自分の家族、友人、知り合いだけでなく、時には、自分を苦しめ、迫害する者にも及ぶ愛を教えます。敵を憎んだり、呪ったり、復讐したりするのでなく、相手を赦し、受け入れること、イエスご自身がその生涯を通して、また、殉教者たちが命を捧げることを通して示された真の愛に、少しでも近づくことができるよう祈りましょう。

年間二十三木曜日(9月10)
Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print
Tagged on:     

2 thoughts on “年間二十三木曜日(9月10)

  • 2020-09-11 at 8:53 am
    Permalink

    毎日みていますが今日9月11日のが見当たりません どうしてですか  EK

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です