♰ キリストにおいてすべてを新しく見る ♰

Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向: 新たな殉教者 (3月)

年間二十月曜日(8/17)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

それから、わたしに従いなさい。

マタイ19:21
集会祈願

🌸 第一朗読 (エゼキエル24:15-24)

 15主の言葉がわたしに臨んだ。 16「人の子よ、わたしはあなたの目の喜びを、一撃をもってあなたから取り去る。あなたは嘆いてはならない。泣いてはならない。涙を流してはならない。 17声をあげずに悲しめ。死者の喪に服すな。頭にターバンを巻き、足に靴を履きなさい。口ひげを覆うな。嘆きのパンを食べてはならない。」18朝、わたしは人々に語っていた。その夕、わたしの妻は死んだ。翌朝、わたしは命じられたとおりに行った。 19人々はわたしに尋ねた。「あなたが行っているこれらの事は、我々にどんな意味があるのか告げてくれないか」と。 20そこでわたしは、彼らに語った。「主の言葉がわたしに臨んだ。 21イスラエルの家に言いなさい。主なる神はこう言われる。わたしは、わたしの聖所を汚す。それはお前たちの誇る砦であり、目の喜び、心の慕うものであった。お前たちが残してきた息子、娘たちは、剣によって滅びる。 22わたしがしたように、お前たちもするようになる。お前たちは口ひげを覆ってはならない。嘆きのパンを食べてはならない。 23頭にターバンを巻き、足に靴を履け。また、嘆いてはならない。泣いてはならない。お前たちは自分の罪のゆえに衰え、互いに嘆くようになる。 24エゼキエルは、お前たちにとってしるしとなる。すべて彼が行ったように、お前たちもするであろう。すべてが実現したとき、お前たちは、わたしが主なる神であることを知るようになる。」

🌸 答唱詩編 詩編130 典117②④

アレルヤ唱 典272 ㉞

🌸 福音朗読 (マタイ19:16-22)

マタイによる福音

 16〔そのとき、〕一人の男がイエスに近寄って来て言った。「先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。」 17イエスは言われた。「なぜ、善いことについて、わたしに尋ねるのか。善い方はおひとりである。もし命を得たいのなら、掟を守りなさい。」 18男が「どの掟ですか」と尋ねると、イエスは言われた。「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、 19父母を敬え、また、隣人を自分のように愛しなさい。』」 20そこで、この青年は言った。「そういうことはみな守ってきました。まだ何か欠けているでしょうか。」 21イエスは言われた。「もし完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」 22青年はこの言葉を聞き、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 8月も後半、相変わらずの猛暑で、コロナだけでなく、熱中症で命を落とす人も出るとき。戦争の犠牲者や災害の被災者のことなど、いのちについて考えさせられる時期。しかし、イエスは、そうしたいのちだけでなく、死後の生命のことでもなく、今、この世ですでに始まっている「永遠のいのち」についてお話になる。


 「永遠のいのち」はイスラエルの人々も知っていた。旧約聖書の中にも、新しい時代の文書の中で(ダニエル、マカバイ等)たびたび言及される。イエスに問いかけた青年も永遠のいのちを知っていた。そして、イエスの答えは、ユダヤ人ならだれでも知っている掟を守ること。イエスに言われるまでもなく、彼はよく知り、実行していた。

 しかし、彼の理解は、十分ではなかった、というより、イエスからすれば的外れ。イエスは、彼の返事を否定はしないが、「もし完全になりたいなら」と言って、より正しい答えを提示する。「行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。それから、わたしに従いなさい」と。それは、掟を厳しく、落ち度なく守る、つまり、自分の善行、業績といったものにこだわるのでなく、そうしたことを手放し、放棄し、すべてを神にゆだねること。自分の力でなく、神からの恵みとして、へりくだっていただくこと、それこそが「永遠のいのち」であることを教えておられるのではないか。「イエスに従う」という招きは、基本的にそのような生き方を受け入れることではないか。

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

関連投稿🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする