Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。

マタイ9:36
集会祈願

???? 第一朗読 (ホセア8:4-7、11-13)

ホセアの預言

〔主は言われる。
イスラエルは〕王を立てた。
しかし、それはわたしから出たことではない。
彼らは高官たちを立てた。
しかし、わたしは関知しない。
彼らは金銀で偶像を造ったが
それらは打ち壊される。
5サマリアよ、お前の子牛を捨てよ。
わたしの怒りは彼らに向かって燃える。
いつまで清くなりえないのか。
6それはイスラエルのしたことだ。
職人が造ったもので、神ではない。
サマリアの子牛は必ず粉々に砕かれる。

7彼らは風の中で蒔き
嵐の中で刈り取る。
芽が伸びても、穂が出ず
麦粉を作ることができない。
作ったとしても、他国の人々が食い尽くす。

11エフライムは罪を償う祭壇を増やした。
しかし、それは罪を犯す祭壇となった。
12わたしは多くの戒めを書き与えた。
しかし、彼らはそれを無縁のものと見なした。
13わたしへの贈り物としていけにえをささげるが
その肉を食べるのは彼らだ。
主は彼らを喜ばれない。
今や、主は彼らの不義に心を留め
その罪を裁かれる。
彼らはエジプトに帰らねばならない。

???? 答唱詩編 詩編130 典117②④

アレルヤ唱 典265②

???? 福音朗読 (マタイ9:32-38)

マタイによる福音

 〔その時、〕悪霊に取りつかれて口の利けない人が、イエスのところに連れられて来た。 33悪霊が追い出されると、口の利けない人がものを言い始めたので、群衆は驚嘆し、「こんなことは、今までイスラエルで起こったためしがない」と言った。 34しかし、ファリサイ派の人々は、「あの男は悪霊の頭の力で悪霊を追い出している」と言った。

 35イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。 36また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。 37そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。 38だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」

奉納祈願

拝領祈願

???? 分かち合い

 イエスの様々な活動を記した9章の結びの部分。悪霊に取りつかれて口がきけなくなった人の癒しの話。
先天的な障害をもった人か、成人してから何らかの事故や病気で障害をもってしまい、言葉が発せられなくなった人のことか。いずれにしても、イエスは、彼に癒しの恵みをお与えになる。自分の思い、意思、気持ちを言葉で表すことができないことがどれほどの苦しみであるか、言葉が未発達な幼児の場合、脳障害等で、突然、発話が難しくなった高齢者のことを考えよう。
 ただ、今日の話はイエスが不思議を行われたことを伝えるだけでなく、こうしたイエスの業に対する対照的な反応に注目している。一方で、「群衆は驚嘆し、こんなことは今まで、イスラエルで起こったためしがない」と言い、他方でファリサイ派の人々は、まともに受け入れようとせず、「あの男は悪霊の頭の力で悪霊を追い出している」と、イエスを中傷する言葉を浴びせる。イエスの働きが広がるにつれ、こうした対立は一層深まってゆく。
 そして、最後に、イエスの働きを総括する言葉が記され、イエスの業を継承する人が教会に与えられることを願うイエスの思いが記される。イエスに従うもの、イエスの業を継承するものも、イエスが受けたと同じような人々の反応を覚悟しなければならない。どんな状況に置かれても、主が共にいてくださることを信じ、どこまでも主に従う恵みを祈ろう。

年間第十四火曜日(偶数年)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。