Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:病者への司牧的ケア (7月)

年間第一火曜日(1/9)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

権威ある者としてお教えになった

マルコ1:22
集会祈願

🌸 第一朗読 (サムエル上1.9-20)

 9〔その日、〕シロでのいけにえの食事が終わり、ハンナは立ち上がった。祭司エリは主の神殿の柱に近い席に着いていた。 10ハンナは悩み嘆いて主に祈り、激しく泣いた。 11そして、誓いを立てて言った。「万軍の主よ、はしための苦しみを御覧ください。はしために御心を留め、忘れることなく、男の子をお授けくださいますなら、その子の一生を主におささげし、その子の頭には決してかみそりを当てません。」
 12ハンナが主の御前であまりにも長く祈っているので、エリは彼女の口もとを注意して見た。 13ハンナは心のうちで祈っていて、唇は動いていたが声は聞こえなかった。エリは彼女が酒に酔っているのだと思い、 14彼女に言った。「いつまで酔っているのか。酔いをさましてきなさい。」 15ハンナは答えた。「いいえ、祭司様、違います。わたしは深い悩みを持った女です。ぶどう酒も強い酒も飲んではおりません。ただ、主の御前に心からの願いを注ぎ出しておりました。 16はしためを堕落した女だと誤解なさらないでください。今まで祈っていたのは、訴えたいこと、苦しいことが多くあるからです。」そこでエリは、 17「安心して帰りなさい。イスラエルの神が、あなたの乞い願うことをかなえてくださるように」と答えた。 18ハンナは、「はしためが御厚意を得ますように」と言ってそこを離れた。それから食事をしたが、彼女の表情はもはや前のようではなかった。 19一家は朝早く起きて主の御前で礼拝し、ラマにある自分たちの家に帰って行った。エルカナは妻ハンナを知った。主は彼女を御心に留められ、 20ハンナは身ごもり、月が満ちて男の子を産んだ。主に願って得た子供なので、その名をサムエル(その名は神)と名付けた。

🌸 答唱詩編 詩編105 典177 ①②

アレルヤ唱 典270 57

🌸 福音朗読 (マルコ1.21-28)

マルコによる福音

 21イエスは、安息日に会堂に入って教え始められた。 22人々はその教えに非常に驚いた。律法学者のようにではなく、権威ある者としてお教えになったからである。 23そのとき、この会堂に汚れた霊に取りつかれた男がいて叫んだ。 24「ナザレのイエス、かまわないでくれ。我々を滅ぼしに来たのか。正体は分かっている。神の聖者だ。」 25イエスが、「黙れ。この人から出て行け」とお叱りになると、 26汚れた霊はその人にけいれんを起こさせ、大声をあげて出て行った。 27人々は皆驚いて、論じ合った。「これはいったいどういうことなのだ。権威ある新しい教えだ。この人が汚れた霊に命じると、その言うことを聴く。」 28イエスの評判は、たちまちガリラヤ地方の隅々にまで広まった。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 今日の箇所は、イエスの生涯における一日の最初の部分であり、イエスはその使命の主要な活動である教育と癒しを行った。イエスは安息日にその活動の中心地であったカファルナウムに行き、すべてのユダヤ人と同じように会堂に行く。そして、そうしたいと願うユダヤ人なら誰でもそうするように、会衆に向かって語りかける。

 そして人々に教え始める。イエスの仕事の多くは、教えること、自分のメッセージや人生観を伝えることである。律法学者とは異なり、イエスは権威をもって語られるので、人々は深い感銘を受ける。律法学者は聖書の意味を解釈したり、与えたりすることしかできなかった。イエスはご自身の権利をもって語られた。イエスは偉大な預言者たちの最高の伝統に基づいて語っている。しかし、それだけではない。イエスの権威は力を与え、解放するものであり、抑圧するものでも服従させるものでもない。イエスはヨハネの福音書でこう言われる:

 あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にする。(ヨハネ8:32)。

 会堂のすぐそこに、「汚れた」霊に取りつかれた男がいた。「汚れた」霊と呼ばれたのは、神の神聖さに対する基本的な抵抗のためである。この世界では、人々の説明のつかない多くの症状は悪の力に起因するとされ、しばしば罪深い行いの罰であると信じられていた。霊はイエスの臨在を恨み、こう言った:

 私はあなたが誰であるか知っています、神の聖なる方です。

 敵対する霊に正確な名前を与えることで、その霊を支配する力が得られると信じられていた。しかし、イエスは悪霊を黙らせ、その人から出て来るように言われた。

 人々は再び、このイエスの力と権威に驚く。主は新しい教えを持ち、悪霊に命令を下すことができる。この男はいったい何者なのか?この問いが、この福音書の前半の根底にあるテーマである。

 それは、私たちがイエスの力づける権威に身を委ね、イエスの福音のメッセージに身を浸してその教えに耳を傾け、私たちの人生においてイエスの癒しと解放を体験するためなのだ。

LivingSpaceより

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする