9+

この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れた

ルカ21:4
集会祈願

🌸 第一朗読 (黙示録14.1-3,4b-5)

1また、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っており、小羊と共に十四万四千人の者たちがいて、その額には小羊の名と、小羊の父の名とが記されていた。 2わたしは、大水のとどろくような音、また激しい雷のような音が天から響くのを聞いた。わたしが聞いたその音は、琴を弾く者たちが竪琴を弾いているようであった。 3彼らは、玉座の前、また四つの生き物と長老たちの前で、新しい歌のたぐいをうたった。この歌は、地上から贖われた十四万四千人の者たちのほかは、覚えることができなかった。 4この者たちは、小羊の行くところへは、どこへでも従って行く。この者たちは、神と小羊に献げられる初穂として、人々の中から贖われた者たちで、 5その口には偽りがなく、とがめられるところのない者たちである。

🌸 答唱詩編 詩編24 典158 ①②

アレルヤ唱 典274 ①

🌸 福音朗読 (ルカ21.1-4)

ルカによる福音

 1〔そのとき、〕イエスは目を上げて、金持ちたちが賽銭箱に献金を入れるのを見ておられた。 2そして、ある貧しいやもめがレプトン銅貨二枚を入れるのを見て、 3言われた。「確かに言っておくが、この貧しいやもめは、だれよりもたくさん入れた。 4あの金持ちたちは皆、有り余る中から献金したが、この人は、乏しい中から持っている生活費を全部入れたからである。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 この物語は、信仰と謙遜はイエスの御心に至る最も確実な道であることを示しています。イエスは、御自身の命の中心にあるものを私たちの内にも見たいと切望しておられます。それは、惜しみなく与える心と、必要な糧を与えてくださる神への信頼です。これらがあったからこそ、イエスは私たちのために十字架にかかることができたのです。

 これがイエスと相通じるということです。御父に信頼し、できることはどんなことでも御父と人々のために自分自身を差し出すことです。献金や時間や愛を与える機会があれば出し惜しみをしないことです。私たちが過去に与えていたよりも少しでも多く与えたいと決めたら、神は備えてくださると信じることです。そうすれば、信頼と信仰の内にイエスに託した心の「貯金」をイエスに示していることになるのです。

 ですから、今日、この貧しいやもめのような心、そしてイエス御自身のような心を与えていただくよう神に願いましょう。信仰と信頼の内に神に差し出すものは何でも、二枚の小銭でさえ、神は天の宝へと変えることがおできになると信じてください。

 「イエス様、この貧しいやもめの内にご覧になったものを私の内に認めてくださいますように」。

 (『毎日の黙想』〔“The Word Among Us”〕、聖母の騎士社、2020年11月号、23日)

年間第三十四月曜日(11月23)
9+
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です