+6

ダビデの子よ、わたしを憐れんでください

ルカ18:38.39
集会祈願

???? 第一朗読 (黙示録1:1-4,2.1-5a)

1イエス・キリストの黙示。この黙示は、すぐにも起こるはずのことを、神がその僕たちに示すためキリストにお与えになり、そして、キリストがその天使を送って僕ヨハネにお伝えになったものである。 2ヨハネは、神の言葉とイエス・キリストの証し、すなわち、自分の見たすべてのことを証しした。 3この預言の言葉を朗読する人と、これを聞いて、中に記されたことを守る人たちとは幸いである。時が迫っているからである。
1エフェソにある教会の天使にこう書き送れ。『右の手に七つの星を持つ方、七つの金の燭台の間を歩く方が、次のように言われる。 2「わたしは、あなたの行いと労苦と忍耐を知っており、また、あなたが悪者どもに我慢できず、自ら使徒と称して実はそうでない者どもを調べ、彼らのうそを見抜いたことも知っている。 3あなたはよく忍耐して、わたしの名のために我慢し、疲れ果てることがなかった。 4しかし、あなたに言うべきことがある。あなたは初めのころの愛から離れてしまった。 5だから、どこから落ちたかを思い出し、悔い改めて初めのころの行いに立ち戻れ。

???? 答唱詩編 詩編1 典100 ①②

アレルヤ唱 典268 ⑦

???? 福音朗読 (ルカ18:35-43)

ルカによる福音

35イエスがエリコに近づかれたとき、ある盲人が道端に座って物乞いをしていた。 36群衆が通って行くのを耳にして、「これは、いったい何事ですか」と尋ねた。 37「ナザレのイエスのお通りだ」と知らせると、 38彼は、「ダビデの子イエスよ、わたしを憐れんでください」と叫んだ。 39先に行く人々が叱りつけて黙らせようとしたが、ますます、「ダビデの子よ、わたしを憐れんでください」と叫び続けた。 40イエスは立ち止まって、盲人をそばに連れて来るように命じられた。彼が近づくと、イエスはお尋ねになった。 41「何をしてほしいのか。」盲人は、「主よ、目が見えるようになりたいのです」と言った。 42そこで、イエスは言われた。「見えるようになれ。あなたの信仰があなたを救った。」 43盲人はたちまち見えるようになり、神をほめたたえながら、イエスに従った。これを見た民衆は、こぞって神を賛美した。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 エルサレムに入られる前に、イエスはエリコに立ち寄られる。世界最古の町とも言われるエリコ、そこは死海のほとりで海抜-250メートル、それに対して首都エルサレムは海抜800メートル。エリコは、エルサレムに入るための最後の町ではあるが、そこには、1000メートルを超える標高差がある。
 イエスがそこで行われた最後の奇跡は盲人の目を開くこと。盲人の目を開くとは、単に視覚障害者の視力を回復することではなく、光そのものであるイエスが、神の世界を見るための光を与えることのしるしである。
 こうした奇跡が、イエスの受難の直前、生涯の最後に記されているということは、イエスの癒しの業、語られた言葉のすべてが、単にその場限りの慰めではなく、人々の目を、神の世界に開き、神のいのちに与ることを得させるものであることを示しているのではないか。
 ヨハネ福音書においても、イエスが癒された盲人とイエスの対話の中で、人間皆が神の前に盲目であり、神の光・力によって、目を開いていただいてはじめて見えるようになることが教えられている。そして、自分は見えると言い張るユダヤ人に対して、それこそが罪であることを悟らせようとされる。
 自分の現実がどのようなものであるかを直視し、神の世界を見ることができるよう、あらためて謙遜と信仰の恵みを祈ろう。(S.T.)

年間第三十三月曜日(11月16)
+6
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です