+9

途中でその人と仲直りするように努めなさい

ルカ12:58
集会祈願

???? 第一朗読 (エフェソ4:1-6)

 1〔皆さん、〕主に結ばれて囚人となっているわたしはあなたがたに勧めます。神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩み、 2一切高ぶることなく、柔和で、寛容の心を持ちなさい。愛をもって互いに忍耐し、 3平和のきずなで結ばれて、霊による一致を保つように努めなさい。 4体は一つ、霊は一つです。それは、あなたがたが、一つの希望にあずかるようにと招かれているのと同じです。 5主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、 6すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。

???? 答唱詩編 詩編24 典158②③

アレルヤ唱 典269 27A

???? 福音朗読 (ルカ12:54-59)

ルカによる福音

 54〔そのとき、イエスは群衆に言われた。〕「あなたがたは、雲が西に出るのを見るとすぐに、『にわか雨になる』と言う。実際そのとおりになる。 55また、南風が吹いているのを見ると、『暑くなる』と言う。事実そうなる。 56偽善者よ、このように空や地の模様を見分けることは知っているのに、どうして今の時を見分けることを知らないのか。」57「あなたがたは、何が正しいかを、どうして自分で判断しないのか。 58あなたを訴える人と一緒に役人のところに行くときには、途中でその人と仲直りするように努めなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官のもとに連れて行き、裁判官は看守に引き渡し、看守は牢に投げ込む。 59言っておくが、最後の一レプトンを返すまで、決してそこから出ることはできない。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 「空や地の模様を見分けることは知っているのに、どうして今の時を見分けることを知らないのか」とイエスは言われる。

 「今の時」と言えば、それはまさにイエスがこの地上を歩かれたとき、神の独り子が、人として生き、様々な不思議を行い、神の言葉を語られたとき。見ようと思えば見え、聞こうと思えば聞くことができた、そのようなしるしから、その時を見分けることができたはず。しかし、人々はそれができなかった。

 それは、イエスが決して大向うをうならせるような派手なふるまいをされることなく、実に控えめに生きられたからだろう。見分けられるかどうかは、当時の人、一人一人にかかっていたからではないか。どうしたら、神の業を見、神の言葉を聞くことができるのか。それは、謙虚な心、貧しい心、飢えた心、打ち砕かれた心があるかどうかによる。それは、イエスの業の中に神の業を見、イエスの言葉の中に神の言葉を聞くことを得させるのは神の恵みだから。わたしたちにできるのは、その恵みを受け入れる心を整えることだけ。

 今の時代も同じこと。わたしたちの人生の中に、神の業を見分け、神の言葉を聞き届けることができるように、主の導きを祈ろう。

年間第二十九金曜日(10月23)
+9
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です