Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:病者への司牧的ケア (7月)

年間第二水曜日(1/17)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

どのようにしてイエスを殺そうかと相談し始めた

マルコ3:6

聖アントニオ修道院長(記)

集会祈願

🌸 第一朗読 (サムエル上17.32-33、37、40-51)

 32〔その日、〕ダビデはサウルに言った。「あの男のことで、だれも気を落としてはなりません。僕が行って、あのペリシテ人と戦いましょう。」 33サウルはダビデに答えた。「お前が出てあのペリシテ人と戦うことなどできはしまい。お前は少年だし、向こうは少年のときから戦士だ。」
  37ダビデは更に言った。「獅子の手、熊の手からわたしを守ってくださった主は、あのペリシテ人の手からも、わたしを守ってくださるにちがいありません。」サウルはダビデに言った。「行くがよい。主がお前と共におられるように。」
 40自分の杖を手に取ると、川岸から滑らかな石を五つ選び、身に着けていた羊飼いの投石袋に入れ、石投げ紐を手にして、あのペリシテ人に向かって行った。
41ペリシテ人は、盾持ちを先に立て、ダビデに近づいて来た。 42彼は見渡し、ダビデを認め、ダビデが血色の良い、姿の美しい少年だったので、侮った。 43このペリシテ人はダビデに言った。「わたしは犬か。杖を持って向かって来るのか。」そして、自分の神々によってダビデを呪い、 44更にダビデにこう言った。「さあ、来い。お前の肉を空の鳥や野の獣にくれてやろう。」 45だが、ダビデもこのペリシテ人に言った。「お前は剣や槍や投げ槍でわたしに向かって来るが、わたしはお前が挑戦したイスラエルの戦列の神、万軍の主の名によってお前に立ち向かう。 46今日、主はお前をわたしの手に引き渡される。わたしは、お前を討ち、お前の首をはね、今日、ペリシテ軍のしかばねを空の鳥と地の獣に与えよう。全地はイスラエルに神がいますことを認めるだろう。 47主は救いを賜るのに剣や槍を必要とはされないことを、ここに集まったすべての者は知るだろう。この戦いは主のものだ。主はお前たちを我々の手に渡される。」
48ペリシテ人は身構え、ダビデに近づいて来た。ダビデも急ぎ、ペリシテ人に立ち向かうため戦いの場に走った。 49ダビデは袋に手を入れて小石を取り出すと、石投げ紐を使って飛ばし、ペリシテ人の額を撃った。石はペリシテ人の額に食い込み、彼はうつ伏せに倒れた。 50ダビデは石投げ紐と石一つでこのペリシテ人に勝ち、彼を撃ち殺した。ダビデの手には剣もなかった。 51ダビデは走り寄って、そのペリシテ人の上にまたがると、ペリシテ人の剣を取り、さやから引き抜いてとどめを刺し、首を切り落とした。ペリシテ軍は、自分たちの勇士が殺されたのを見て、逃げ出した。

🌸 答唱詩編 詩編18 典64 ①⑥

アレルヤ唱 典272 ㊱

🌸 福音朗読 (マルコ3.1-6)

マルコによる福音

 1〔その時、〕イエスはまた会堂にお入りになった。そこに片手の萎えた人がいた。 2人々はイエスを訴えようと思って、安息日にこの人の病気をいやされるかどうか、注目していた。 3イエスは手の萎えた人に、「真ん中に立ちなさい」と言われた。 4そして人々にこう言われた。「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」彼らは黙っていた。 5そこで、イエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなな心を悲しみながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、手は元どおりになった。 6ファリサイ派の人々は出て行き、早速、ヘロデ派の人々と一緒に、どのようにしてイエスを殺そうかと相談し始めた。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 再び、イエスが宗教指導者たちと対立している場面である。イエスとその批判者たち(ここでは単に「彼ら」と呼ばれている)との間には、以前と同じパターンがある。しかし、「彼ら」が誰であるかは明らかである。

 舞台は地元の会堂である。またしても「彼ら」はイエスを有罪にする証拠を探していた。彼らは、イエスが安息日に手の枯れた男を治療するかどうかを見ていた。この男は、「はめられた」可能性が高い。何らかの病気や症状を持つ人をこのように利用することは、実に卑劣なことだった。

 イエスは、何が起こっているのか、十分に承知しておられる。イエスは躊躇することなく、その人に出てきて、集会場の真ん中に立つように言われた。そして質問を投げかける:

 「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」

 彼の反対者たちは沈黙を強いられる。彼らは質問に対して明白な答えを出す誠実さも高潔さも持ち合わせていないのだ。

 イエスの感情を表すもう一つの例として、イエスは彼らのかたくなな態度に嘆きと怒りを覚えたと言われている。彼らの態度が、自分たちは神に近い存在だと信じていた人々にはあまりにも不適切であったからである。怒ったのは、彼らがこの人に課そうとしていたひどい不公平のためである。彼らの考えでは、どんな苦しみも律法を破ることを正当化するものではなかった。しかしイエスにとっては、律法を守るか破るかではなく、善を行うことが問題なのだ。

 イエスはその人に、枯れた腕を伸ばすように言われた。恥をかかされたファリサイ派の人々は、すぐに外に出て、イエスを追い出そうとヘロデ人と策謀をめぐらせ始めた。ファリサイ派の人々がイエスに対して行動を起こすには、ヘロデ派の人々(ガリラヤとペレヤの四君子ヘロデ・アンティパスの支持者)の助けが必要だったのだ。この奇妙な同盟は、ファリサイ派の人々の怒りと憎悪の大きさを示している。ヘロデ派の人々は、ファリサイ派の人々が軽蔑するすべてのものを代表していた。

 この物語は、道徳と律法の違いを再び浮き彫りにしている。安息日に癒しの仕事をすることは律法に反していた。なぜなら、通常であれば、医者の注意は大がかりな治療を伴うかもしれないからである。しかし、ここでは、癒しは瞬時に行われる。これは仕事と言えるのだろうか?安息日の精神に反すると言えるだろうか?

 この特別なケースでは、状況が慢性的であり、その人に直ちに苦痛を与えるものではなかったので、癒しが別の日に行われることも容易であったことは注目に値する。しかし、イエスはすべての肯定的な律法を超越する2つの原則を口にされた:

 より大きな善が否定されない限り、善いことをするのは常に正当である。
 真に愛に満ちた行為は、たとえそれが法律に違反するものであっても、決して罪にはならない。
 愛の法則を除くすべての法則は相対的なものである。安息日のいやしに関する律法は、善意によるものであり、主の日を守るための一部であったが、ファリサイ派の人々によって絶対化されていた。これは私たちのクリスチャン生活においても避けなければならない傾向です。日曜日にミサに与るという掟でさえ、絶対化される可能性がある。例えば、病人や子供の世話など、差し迫った必要性が日曜日のミサに関する「掟」に優先することもある。

 キリスト教とは、愛に満ちた人間関係のことであり、掟に従うことではありません。聖パウロは言う:

 山を取り除くほどの信仰があっても、愛がなければ、私は無に等しい。(1コリント13:2)

LivingSpaceより

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする