0
集会祈願

恵み豊かな神よ、わたしたちの信仰、希望、愛を強めていください。すべてに越えてあなたを愛し、約東された永遠の命を受けることができますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

🌸 第一朗読 (2ペトロ3:12-15a、17-18)

使徒ペトロの手紙

 〔愛する皆さん、〕12神の日の来るのを待ち望み、また、それが来るのを早めるようにすべきです。その日、天は焼け崩れ、自然界の諸要素は燃え尽き、熔け去ることでしょう。 13しかしわたしたちは、義の宿る新しい天と新しい地とを、神の約束に従って待ち望んでいるのです。
 14だから、愛する人たち、このことを待ち望みながら、きずや汚れが何一つなく、平和に過ごしていると神に認めていただけるように励みなさい。 15また、わたしたちの主の忍耐深さを、救いと考えなさい。
 17それで、愛する人たち、あなたがたはこのことをあらかじめ知っているのですから、不道徳な者たちに唆されて、堅固な足場を失わないように注意しなさい。 18わたしたちの主、救い主イエス・キリストの恵みと知識において、成長しなさい。このイエス・キリストに、今も、また永遠に栄光がありますように、アーメン。

🌸 答唱詩編 詩編90 典52①⑤

:神のはからいは限りなく、
  生涯わたしはその中に生きる。

主よ、あなたは代々にわたって、
わたしたちの住まい、
世界が造られる前から、永遠にあなたは神。
朝ごとにあなたのいつくしみを注ぎ、
日々わたしたちに
喜びの歌をうたわせてください。 【答】

あなたのわざをわたしたちの上に、
あなたの輝きを子孫にあらわしてください。
わたしたちの神、主がその恵みをそそがれ、
わたしたちの手のわざが
実り豊かなものとなるように。 【答】

アレルヤ唱

アレルヤ、アレルヤ。主イエス・キリストの父がわたしたちの心の目を開き、わたしたちがどんな希望に召されているかを示してくださる。アレルヤ、アレルヤ。

🌸 福音朗読 (マルコ12:13-17)

マルコによる福音

 〔その時、〕人々は、イエスの言葉じりをとらえて陥れようとして、ファリサイ派やヘロデ派の人を数人イエスのところに遣わした。 14彼らは来て、イエスに言った。「先生、わたしたちは、あなたが真実な方で、だれをもはばからない方であることを知っています。人々を分け隔てせず、真理に基づいて神の道を教えておられるからです。ところで、皇帝に税金を納めるのは、律法に適っているでしょうか、適っていないでしょうか。納めるべきでしょうか、納めてはならないのでしょうか。」 15イエスは、彼らの下心を見抜いて言われた。「なぜ、わたしを試そうとするのか。デナリオン銀貨を持って来て見せなさい。」 16彼らがそれを持って来ると、イエスは、「これは、だれの肖像と銘か」と言われた。彼らが、「皇帝のものです」と言うと、 17イエスは言われた。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」彼らは、イエスの答えに驚き入った。

奉納祈願

恵み豊かな神よ、あなたの民の供えものを受け入れてください。わたしたちが信頼して求めていることを、とうとい秘跡を通して豊かにいただいくことができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

拝領祈願

いつくしみ深い父よ、救いの秘跡によって養われるわたしたちが、まことの信仰に成長することができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

🌸 分かち合い

 今日の福音書を読んでみますと、山上の説教における一つの幸いを思い出します。それは「柔和な人々は、幸いである」ということです。主イエスは「わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしに学びなさい」と私たちに呼びかけてくださいます。主イエスに従う人は、柔和を身につけるように招かれています。それで、柔和な人は素直な心を持ち、単純に考える者です。

 今日マルコ福音書に描かれたファリサイ派やヘロデ派の数人は柔和な人々ではありません。彼らは「二心」(詩篇12:3)を持っています。彼らは主イエスを誉めていますが、一方実は、主イエスを試そうと思います。これは偽善です。ヤコブはこのような人たちについて次のように言います。彼らは心が「定まらず、生き方全体に安定を欠く人」(ヤコブ1:8)です。

 ところが、柔和な人は「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に」返す者であるような気がします。即ち、その人はよく識別できる者であり、神のものを神ではないものと区別できる者だと思います。そして、彼は神の掟に忠実に従い、主の道を忠実に歩んでいます。彼は自分の主として神のみであり、謙遜な心をもって、神の霊の導きに従っています。

 しかし、柔和な人は生活の中でよく辱められ、よくいじめられるかもしれません。今日の第一朗読の中で、ペトロは「私たちの主の忍耐深さを救いと考えなさい」と呼びかけています。従って、柔和な人は主のように深い忍耐を持つ必要があると思います。今日の朗読を黙想しながら、このようなメッセージを私たちに送ってくださるかなあと思いました。

年間第九火曜日
0
Tagged on:     

コメントを残す