Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:病者への司牧的ケア (7月)

年間第三十二土曜日(11/18)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

沈黙の静けさがすべてを包み、

知恵書18:14

(聖ペトロ教会と聖パウロ教会の献堂)、(聖母の土曜日)

集会祈願

🌸 第一朗読 (知恵18.14-16、19.6-9)

14沈黙の静けさがすべてを包み、
夜が速やかな歩みで半ばに達したとき、
15あなたの全能の言葉は天の王座から、
情け容赦のないつわもののように、
この滅びの地に下った。
16それは、取り消しのきかないあなたの命令を
鋭い剣のように手にして、
すべてを死で満たし、
天に触れながらも、地を踏んで立っていた。
6全被造物はそれぞれ本性を保ちつつ、
新たな姿に変えられ、御命令に服従して、
あなたの子らを無事に守った。
7雲は宿営を覆い、
以前水のあったところには乾いた地が現れ、
紅海には妨げるもののない道ができ、
逆巻く波からは草の生えている平野が出現した。
8驚くべき奇跡を目の当たりにしながら、
そこを民全体が御手に守られて渡って行った。
9彼らは、牧場の馬のように走り回り、
小羊のように跳びはね、
主よ、自分たちを救ってくださったあなたを
たたえた。

🌸 答唱詩編 詩編105 典177 ②⑥

アレルヤ唱 典270 25B

🌸 福音朗読 (ルカ18.1-8)

ルカによる福音

 1〔そのとき、〕イエスは、気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話された。 2「ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官がいた。 3ところが、その町に一人のやもめがいて、裁判官のところに来ては、『相手を裁いて、わたしを守ってください』と言っていた。 4裁判官は、しばらくの間は取り合おうとしなかった。しかし、その後に考えた。『自分は神など畏れないし、人を人とも思わない。 5しかし、あのやもめは、うるさくてかなわないから、彼女のために裁判をしてやろう。さもないと、ひっきりなしにやって来て、わたしをさんざんな目に遭わすにちがいない。』」 6それから、主は言われた。「この不正な裁判官の言いぐさを聞きなさい。 7まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。 8言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 ルカの特質の一つは、彼の福音書が「祈りの福音書」であるということである。この福音書では、他の福音書よりもイエスが祈る姿が多く見られ、祈りについての教えも多い。今日、イエスは忍耐を促すたとえ話をされた:

 イエスは彼らに、いつも祈り、心を失わないことの必要性をたとえられた。

 これはパウロの手紙のテーマでもある(ローマ1:10、12:12、エフェ6:18、コロ1:3、テサ5:17、テサ1:11、テサ3:13、コリ4:1,16、ガラ6:9、エフェ3:13参照)。

 このたとえ話には、神も人も恐れない、完全に堕落した裁判官が登場する。また、おそらく当時の社会で最も無力で、最も哀れで、最も同情されなかったであろうやもめが登場する。夫を失い、再婚は問題外、自分の家族からも夫の家族からも援助を失い、社会福祉に匹敵するような頼れるものは何もない。

 腐敗した裁判官に関しては、無視しても構わない。彼女には権力も(賄賂のための)金もない。しかし、この未亡人は違う。彼女は粘り強く、決してあきらめない。結局、裁判官は心の平安のために、彼女に有利な判決を下す。

 もし、堕落した冷酷な裁判官が、無力なやもめの粘り強さに心を動かされるなら、イエスの民である私たちが、無力さの中で、愛と憐れみに満ちた神に呼びかけるとき、私たちはどのような反応を期待できるだろうか?

 「言っておくが、神は速やかに裁いてくださる。」

 つまり、彼らに当然与えられるべきものを与えてくださる。

 しかし、イエスは、私たちを立ち上がらせ、注目させるような挑戦で言われる:

 「しかし、人の子が来るとき、果たして地上に信仰を見いだすだろうか。」

 迫害の時代が近づいている–この福音書が書かれたとき、それはすでに始まっている–。彼らは、祈りの中で神と密接に接し、苦しみの中に神と神の平安を見いだすことを我慢しない。

 物事がうまくいっているときに祈るのは簡単だ。私たちもプレッシャーの中で、祈りが最も必要なとき、信仰が本当に試されているときに、祈ることをあきらめてしまうことがよくある。私たちは絶えず、一貫して祈らなければならない。本当に必要だと信じるものを求めることを恐れてはならない。

 しかし、もし神がそのように思いやりのある方であるならば、なぜ私たちは神に祈る必要があるのだろうか?祈り続ける必要があるのは、神のためではなく、私たち自身のためなのだ。そうすることで、私たちは意識を保つことができる:

 自分ひとりでは何もできない。(ヨハネ5:30)。

 第二に、祈れば祈るほど、神に近づくことができる。そして、祈れば祈るほど、私たちが求めるものは徐々に変化していく。最終的に私たちが望むものは、私たちが必要とするものなのだ。そして私たちに必要なのは、私たちの考え方、夢、野心を神のものの見方に完全に一致させることなのだ。問題は、今日イエスが最後に言われたように、イエスが私たちを探しに来られたとき、果たしてどれだけの人がそうしているだろうか、ということだ。

 私はどれくらいの頻度で祈っているだろうか?どれだけ一貫して求めているだろうか。何を求めているだろうか?私は本当に何を望んでいるのだろうか?私は自分が欲しいものと、本当に必要なものを区別しているだろうか?そして、神の愛に満ちた摂理に対する信仰と信頼を本当に持っているだろうか?

 この箇所にはもうひとつ、まったく異なる解釈がある。忍耐についてのこのたとえ話を読むとき、私たちは通常このように考える: 神は裁判官であり、私たちはやもめである。つまり、私たちは自分の必要が満たされるまで、神をしつこく求め続けるべきだということだ。

 しかし、逆に私たちが裁判官で、神がやもめだとしたらどうなるだろうか?ある意味、この解釈の方が理にかなっている。私たちも裁判官と同じように、基本的に不公平な人間だ。つまり、神に脅かされて善良になることを許さない。

 同様に、私たちも裁判官のように、周囲の貧しい人々の叫びに耳を傾けようとしない。しかし、神は執拗なやもめである。神は私たちを苦しめ続け、私たちの愛に対する「ノー」を最終的なものとして受け入れることを拒む。神は、私たちが公正な裁きを下すまで、つまり、私たちが善を吐き出すまで、私たちが愛を学ぶまで、執拗に私たちを攻め続けるのだ。

 創世記では、私たちは神のかたちに似せて造られたと言われている。私たちの祈りはこうかもしれない:

 親愛なる神よ、忍耐強い方、私たちをもっとあなたに似た者としてください!

Living Spaceより

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする