Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:祖国から逃れる人々 (6月)

主の降誕第七日(12/31)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

光は暗闇の中で輝いている

ヨハネ1:5
集会祈願

🌸 第一朗読 (一ヨハネ2.18-21)

18子供たちよ、終わりの時が来ています。反キリストが来ると、あなたがたがかねて聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。これによって、終わりの時が来ていると分かります。 19彼らはわたしたちから去って行きましたが、もともと仲間ではなかったのです。仲間なら、わたしたちのもとにとどまっていたでしょう。しかし去って行き、だれもわたしたちの仲間ではないことが明らかになりました。 20しかし、あなたがたは聖なる方から油を注がれているので、皆、真理を知っています。 21わたしがあなたがたに書いているのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知り、また、すべて偽りは真理から生じないことを知っているからです。

🌸 答唱詩編 詩編96 典148 ①④

アレルヤ唱 典259 公現前①

🌸 福音朗読 (ヨハネ1.1-18)

ヨハネによる福音
 

1初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 2この言は、初めに神と共にあった。 3万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。 4言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。 5光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。
6神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。 7彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。 8彼は光ではなく、光について証しをするために来た。 9その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。 10言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。 11言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。 12しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。 13この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。
14言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 15ヨハネは、この方について証しをし、声を張り上げて言った。「『わたしの後から来られる方は、わたしより優れている。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」 16わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。 17律法はモーセを通して与えられたが、恵みと真理はイエス・キリストを通して現れたからである。 18いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 2021年も今日で終わる。日付が変わること、年が新しくなることで、何かが大きく変わるわけではないが、人間は昔から、年が終わり、新しい年が始まる時を、大切に守ってきた。

 2021年を振り返ってみると、どんな年だったか。2020年ほどでないにしても、コロナ禍が様々な面で、わたしたちの生活や活動から本来の自由を奪っていた年だったのではないか。マスク、消毒、検温、ワクチン接種等、感染防止対策が日常化し、その中で生きること、with corona を覚悟する年だったかもしれない。この時期を、神が用意された特別な恵みの時と受け止めることが、教皇フランシスコをはじめ、多くの方から指摘されたが、果たして、わたしたちはどう受け止めてきただろうか。

 一年の最後の日のために用意された今日の福音は、ヨハネ福音書の冒頭から取られている。降誕祭の日中のミサで読まれたので、記憶も新しいことと思う。そこには、キリスト教信仰、また基本的真理がヨハネの独特な言葉づかいで記されている。「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は、初めに神と共にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった」と。旧約聖書の第一の巻、『創世記』の冒頭に匹敵するような荘厳な書き出しである。

 しかし、そこには大きな違い、決定的な違いがあることに気づかれただろうか。『創世記』の言葉には、混沌の中から、秩序と調和をもたらす、神の力強い創造のわざが、楽観的な調子で描かれているが、ヨハネ福音書の言葉は、そうではない。むしろ、神のわざに逆らう悪の力を感じさせる闇が、あちこちに顔をのぞかせている。「言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」と。さらに、「光は、まことの光で、世に来るすべての人を照らすのである。言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった」と。

 先日祝ったばかりの、神の子の降誕の意味を、ヨハネは新しい光のもとで、こう解釈している。神によって、よいものとして造られ、神ご自身の知恵と意志の反映である、「似姿」を刻印された人間が、その造り手である神を、その意思を受け入れようとしない、かたくなさと思い上がりに満ちた人間世界の一員として、幼児がお生まれになったことをあらためて心に刻もう。「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」。それは、神が人間をお見捨てになったのではないことを証している。「言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた」と、ヨハネは加える。

 人間の思い、力、巧みによってではなく、神の恵みによって、闇に包まれた「世」にありながらも、新しい人間として、神のいのちに生きる恵みが与えられたのである。そんな、大きな、予想もしない恵みに与るものとされたことに、あらためて感謝しよう。そして、新しい年に何が待っていようとも、どんな困難に直面することがあろうとも、この神の愛によって生かされているという確信をもって、喜びと希望のうちに日々歩んでゆけるよう祈ろう。(S.T.)

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする