Generic filters
Exact matches only
Filter by content type
Comments
Attachments

教皇の意向:病者への司牧的ケア (7月)

1月3日の御言葉

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ

ヨハネ1:29

主イエスのみ名

集会祈願

🌸 第一朗読 (1ヨハネ2:29-3:6)

ヨハネの手紙

 〔子たちよ、〕29あなたがたは、御子が正しい方だと知っているなら、義を行う者も皆、神から生まれていることが分かるはずです。
 1御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。世がわたしたちを知らないのは、御父を知らなかったからです。 2愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されていません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです。 3御子にこの望みをかけている人は皆、御子が清いように、自分を清めます。
 4罪を犯す者は皆、法にも背くのです。罪とは、法に背くことです。 5あなたがたも知っているように、御子は罪を除くために現れました。御子には罪がありません。 6御子の内にいつもいる人は皆、罪を犯しません。罪を犯す者は皆、御子を見たこともなく、知ってもいません。

🌸 答唱詩編 詩編 典

アレルヤ唱 典

🌸 福音朗読 (ヨハネ1:29-34)

ヨハネによる福音

 29その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。 30『わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。 31わたしはこの方を知らなかった。しかし、この方がイスラエルに現れるために、わたしは、水で洗礼を授けに来た。」 32そしてヨハネは証しした。「わたしは、“霊”が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た。 33わたしはこの方を知らなかった。しかし、水で洗礼を授けるためにわたしをお遣わしになった方が、『“霊”が降って、ある人にとどまるのを見たら、その人が、聖霊によって洗礼を授ける人である』とわたしに言われた。 34わたしはそれを見た。だから、この方こそ神の子であると証ししたのである。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 昨日、洗礼者ヨハネは自分がメシアや偉大な預言者であることを否定した。そして今日、洗礼者ヨハネは、イエスこそ彼が語っていた預言者であると証言している。

 この箇所は「翌日…」で始まる。カナの婚礼までのヨハネの冒頭部分が一週間を表し、創世記の天地創造の7日間と呼応していることはすでに述べた。このフレーズは第1章にあと3回出てきて、週の4日目に入る。その後、間があきますが、カナの結婚式は「三日目に」、つまり、前の四日間の後、つまり七日目に行われたと紹介されているのです。

 ヨハネはイエスが近づいてくるのを見て、周りの人々に言った:

 「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」

 この第一章のもう一つの特徴は、著者が後に使うイエスの様々な称号を紹介していることである。

 なぜ「小羊」なのか?ユダヤ人の過越の祭りの中心は、過越の食事で食べる小羊だった。それは、イスラエル人の家族がエジプトから脱出する前夜に食べた小羊を思い起こさせ、その血は彼らの家の門柱に塗られた。神の小羊がすべての初子を滅ぼしに来たとき、小羊の血が塗られたイスラエルの民の家を「通り過ぎた」。これが解放の象徴となり、ユダヤ暦で最も重要な祝祭のひとつとなった。

 しかし、私たちには今、新しい解放の象徴、新しい小羊がいる。イエスはいけにえを「捧げる者」であると同時にその犠牲者であり、イエスの死と復活によって、神とその民の間に新しい契約が結ばれたのである。最後の晩餐に関するすべての福音書の記述において、食事中に小羊が食べられたという記述がないのは、おそらく重要なことだろう。というのも、もちろん、新しい小羊がいたからである。小羊は仲間たちに、「あなたがたのために渡された」パンとぶどう酒を取り、食べ、飲むように言った。そして、この小羊の血によって、私たちは救いと解放を見出すのである。

 神の小羊という称号は、イザヤ書(53:7,10)に記されている、小羊のように屠り場に導かれた苦しみのしもべを想起させる。ヨハネの黙示録にも、世の悪を滅ぼす勝利の小羊のことが書かれている(5:5-7; 17:14)。

 そして洗礼者ヨハネは、イエスが自分よりも優れていることを示す:

 この方こそ、『わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである』。

 先に読んだプロローグの文脈からすると、これはイエスの神とのことばとしての先在性を示唆するものである(年代的には、ヨハネはイエスより少し年上であったことを忘れてはならない)。ヨハネはまた、なぜ洗礼を授けたのかについて説明している。洗礼者ヨハネには罪を赦す力はなく、それはイエスとその弟子たちの特権であった(ヨハネの福音書では、洗礼者ヨハネはこの時までイエスを知らなかったとも言っているが、これは他の福音書では近親者として描かれているのと矛盾する)。

 ヨハネはイエスの洗礼について語り続けるが、その出来事自体はマタイとルカに記述されている。彼は個人的に神の霊が鳩のようにイエスの上に降りてくるのを見たと言い、それは彼と共にあり、神と彼の父との間の永続的な関係を示している。鳩は新しい命の象徴であり、ノアの箱舟にオリーブの枝をもたらし、大洪水が終わったことを示した鳩を思い起こさせる。同時に、ヨハネに水で洗礼を授けるように言われたお方は、聖霊が下った者は、今度は聖霊で洗礼を授けると言われた。そして、洗礼者ヨハネはこう結んでいる:

 私自身は、この方が選ばれた方であることを見、また証しした。

 「選ばれし者」は「神の子」とも訳される。

 私たち一人ひとりも、洗礼によって同じ御霊を受けている。十字架上の死で頂点に達したイエスのすべてのメシア的業を奮い立たせたのは、その御霊だった。同じ御霊が、イエスの足跡をたどり、御国を建設するためにイエスとともに働くよう、私たちを奮い立たせてくださいますように。

LivingSpaceより

FacebookTwitterEmailLinePrintFriendly

御言葉の典礼を読み続く🌸

聖書の本文は日本聖書協会発行の「新共同訳聖書」を使用しております。
どうぞよろしくお願い致します。

コメントする