教育にたずさわる人たちのために祈る (1月)

待降節第二金曜日(12/9)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

知恵の正しさは、その働きによって証明される。

マタイ11:19
集会祈願

🌸 第一朗読 (イザヤ48:17-19)

イザヤの預言
17イスラエルの聖なる神
あなたを贖う主はこう言われる。
わたしは主、あなたの神
わたしはあなたを教えて力をもたせ
あなたを導いて道を行かせる。
18わたしの戒めに耳を傾けるなら
あなたの平和は大河のように
恵みは海の波のようになる。
19あなたの子孫は砂のように
あなたから出る子らは砂の粒のように増え
その名はわたしの前から
断たれることも、滅ぼされることもない。

🌸 答唱詩編 詩編1 典153 ①②

アレルヤ唱 典256 ⑬

🌸 福音朗読 (マタイ11:16-19)

マタイによる福音
 16〔そのとき、イエスは人々に言われた。〕今の時代を何にたとえたらよいか。広場に座って、ほかの者にこう呼びかけている子供たちに似ている。
 17『笛を吹いたのに、
 踊ってくれなかった。
 葬式の歌をうたったのに、
 悲しんでくれなかった。』
 18ヨハネが来て、食べも飲みもしないでいると、『あれは悪霊に取りつかれている』と言い、 19人の子が来て、飲み食いすると、『見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ』と言う。しかし、知恵の正しさは、その働きによって証明される。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 『人は見た目が9割』という本が一時出回った。決して、軽薄ではなく、いろいろ考えさせる内容でした。洗礼者ヨハネが登場して多くの人々が、彼のもとに押しかけるかと思えば、他の人々は冷ややかな心で、人々の動きを遠くから眺めています。中には、「あれは悪霊につかれている」と嘲笑を浴びせる人もいます。
 主イエスが人々の間に姿を現して、心打つ説教をしたり、病気に苦しむ人々を一言で癒し、まさに、メシアの時代が訪れたと狂喜しているときに、疑い深い目で彼の一挙手一投足を眺めては難癖をつけ、訴えの口実を捜し求める人々がいます。たまたま徴税人の家に呼ばれて食事をともにすれば、「あれは大食漢で酒飲みだ」、と噂され、挙句に「徴税人や罪びとの仲間だ」と揶揄される始末です。
 人が表面や見かけで判断し、優劣をつけたり、適不適を決定づけたりするのは、今も昔も変わりません。神はそれに対して、外には見えない人の心を見、内面を重んじられます。神の選びが、人間に意外に思われるのはそのかもしれません。人間の思い込みは、時に、大きな間違いをおかしたり、人生を誤らせたりします。
 人間が互いに受け入れる以上に、神を受け入れ、そのみ心を読み取るには、鍛えられた目と判断が求められます。主の来臨に心を備える時、へりくだった心、とらわれない心、積極的に受け入れようとする心が与えられるよう祈りましょう。(S.T.)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

関連投稿🌸

コメントする