Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

Following webpage Click to Pray, let’s pray together and live with Jesus during the day!

毎日み言葉と教皇による意向に合わせて、一緒に祈り、主イエスとともに生きましょう[1]


🌸 God Bless You Always 🌸

2022年3月18日
四旬節第二金曜日

Praying Flower

朝イエスと共に

主よ、今始まろうとしているこの日を感謝します。「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった」(マタイ21:42)。教会は私たちの家です。教皇フランシスコが言ったように、それに応じて傷ついた者をすべて迎え入れ、招かれた「戦場病院」にしなければなりません。今日、私は、愛情ある行為を必要とする人を迎え入れようと思っています。新しい生命倫理の課題に立ち向かうキリスト者のために、私たちの祈りと行動で常に人間の生命を守ることを促進するために、この一日を祈りのうちに捧げます。天におられる私たち父よ、…

🌸 🌸 🌸
Bông Hoa Cầu Nguyện

日中イエスと共に

私は自分自身をポジティブでハッピーに保つために多くのエクササイズを学んでいますが、人生の中で必ず困難な時期がやってきます。これは決してネガティブなことではなく、すべては過ぎ去るということを理解するための方法なのです。神の愛と恵みだけは決して過ぎ去ることはないのです。信仰は、困難には限りがあることを私に信じさせ、祈りは、どんな障害も克服するために、私を神と一体化させるのです。人生のどんな時でも祈りは、困難を乗り越えるために心を強くしてくれる電池のようなものです。

🌸 🌸 🌸
祈る花

夜イエスと共に

一日が終わった今、私は少しの間、沈黙の時間をとります。私は何に感謝しなければならないのでしょうか?私は愛せただろうか?奉仕できたか?他の人のために尽くしたことがあったかどうか。私のジェスチャーは、愛と尊敬の印だったのでしょうか?私は生命の贈り物に感謝し、私はすべての私のジェスチャーで愛を示すために喜んでいる。アヴェ・マリア…

🌸 🌸 🌸
🌸 God Bless You Always 🌸

[1] 教皇による意向のために毎日3回祈る取り組みとして「祈祷の使徒」(教皇による祈りの世界ネットワーク)本部では2016年より”Click to Pray”(祈りのクリック)が始まりました。すなわち、日々のみ言葉と教皇による毎月の意向に合わせて、毎日、朝と日中と夕に祈る取り組みです。

祈祷の使徒2022年03月
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。