Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

Following webpage Click to Pray, let’s pray together and live with Jesus during the day!

毎日み言葉と教皇による意向に合わせて、一緒に祈り、主イエスとともに生きましょう[1]


🌸 God Bless You Always 🌸

2022年2月17日
年間第六木曜日

Praying Flower

朝イエスと共に

新しい一日へのときめきをもって目を覚ましてください。感謝して祈りを始め、主の問いかけに耳を傾けましょう。「では、あなたは私が誰であると言うのか?」(マコ 8:27-33)。あなたは、他の人がイエスについて言ったり、書いたり、考えたりするのを聞くことはできますが、他の人の経験からイエスに関わることはできません。主との個人的な出会いに代わるものはありません。あなた自身が主に問いかけられ、あなたも主に問いかけてください。一日中続き、主の使命にあなたを駆り立てる対話を始めてください。この対話には、奉献された女性も参加しています。彼女たちに特に感謝をささげましょう。天におられる私たちの父よ…

🌸 🌸 🌸
Bông Hoa Cầu Nguyện

日中イエスと共に

ちょっと休んで、心の方向を変えましょう。私たちは今、教会のシノドスという特別な時期を生きていて、共に歩み、多くのことを再考しています。この教会のシノドスにおいて、教皇フランシスコは、「主と一緒にいる時間を取り、私たちの間の出会いを育むように」と私たちを招いています。これはあなたにどのように響くでしょうか?イエス様との日々の出会いは、お互いに出会うためのオープンさをもたらします。あなたにはどのような自発性が生まれますか?教会をすべての人にとってのもてなしの家にするために積極的に協力している女性たちのために祈って一日を続けましょう。

🌸 🌸 🌸
祈る花

夜イエスと共に

マリアの手によって一日を終えましょう。自分が今日どのように生きたかを振り返ることができるよう、私たちの母に願いましょう。自分が受けた恵みの中で、感謝したいことを認識してください。自分が触れたものにどれだけの愛を注いだか、心の目で確認してください。あなたは寛大に働いていますか、それともすべて計算ずくですか?自分を忘れて与えていますか、それとも見返りを求めていますか。マリアや世界中の多くの奉献された女性たちのように、人との出会いより高めながら、もっと献身的に奉仕するよう、明日をささげましょう。アヴェ・マリア…

🌸 🌸 🌸
🌸 God Bless You Always 🌸

[1] 教皇による意向のために毎日3回祈る取り組みとして「祈祷の使徒」(教皇による祈りの世界ネットワーク)本部では2016年より”Click to Pray”(祈りのクリック)が始まりました。すなわち、日々のみ言葉と教皇による毎月の意向に合わせて、毎日、朝と日中と夕に祈る取り組みです。

祈祷の使徒2022年02月
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。