Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、

Mc 1, 41
集会祈願

🌸 第一朗読 (サムエル上4.1b-11)

 〔その日、〕イスラエルはペリシテに向かって出撃し、エベン・エゼルに陣を敷いた。一方、ペリシテ軍はアフェクに陣を敷き、 2イスラエル軍に向かって戦列を整えた。戦いは広がり、イスラエル軍はペリシテ軍に打ち負かされて、この野戦でおよそ四千の兵士が討ち死にした。 3兵士たちが陣営に戻ると、イスラエルの長老たちは言った。「なぜ主は今日、我々がペリシテ軍によって打ち負かされるままにされたのか。主の契約の箱をシロから我々のもとに運んで来よう。そうすれば、主が我々のただ中に来て、敵の手から救ってくださるだろう。」
4兵士たちはシロに人をやって、ケルビムの上に座しておられる万軍の主の契約の箱を、そこから担いで来させた。エリの二人の息子ホフニとピネハスも神の契約の箱に従って来た。 5主の契約の箱が陣営に到着すると、イスラエルの全軍が大歓声をあげたので、地がどよめいた。 6ペリシテ軍は歓声を聞いて言った。「ヘブライ人の陣営にどよめくあの大歓声は何だろう。」そして、主の箱がイスラエル軍の陣営に到着したと知ると、 7ペリシテ軍は、神がイスラエル軍の陣営に来たと言い合い、恐れて言った。「大変だ。このようなことはついぞなかったことだ。 8大変なことになった。あの強力な神の手から我々を救える者があろうか。あの神は荒れ野でさまざまな災いを与えてエジプトを撃った神だ。 9ペリシテ人よ、雄々しく男らしくあれ。さもなければ、ヘブライ人があなたたちに仕えていたように、あなたたちが彼らに仕えることになる。男らしく彼らと戦え。」
10こうしてペリシテ軍は戦い、イスラエル軍は打ち負かされて、それぞれの天幕に逃げ帰った。打撃は非常に大きく、イスラエルの歩兵三万人が倒れた。 11神の箱は奪われ、エリの二人の息子ホフニとピネハスは死んだ。

🌸 答唱詩編 詩編56 典175 ①②

アレルヤ唱 典268 ①

🌸 福音朗読 (マルコ1.40-45)

マルコによる福音
 40〔その時、〕重い皮膚病を患っている人が、イエスのところに来てひざまずいて願い、「御心ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。 41イエスが深く憐れんで、手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、 42たちまち重い皮膚病は去り、その人は清くなった。 43イエスはすぐにその人を立ち去らせようとし、厳しく注意して、 44言われた。「だれにも、何も話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めたものを清めのために献げて、人々に証明しなさい。」 45しかし、彼はそこを立ち去ると、大いにこの出来事を人々に告げ、言い広め始めた。それで、イエスはもはや公然と町に入ることができず、町の外の人のいない所におられた。それでも、人々は四方からイエスのところに集まって来た。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 マルコ福音書は、最初に書かれたもので、4つの福音書の中で一番短い。マタイ・ルカのようにイエスの言葉(語録)を長く記すことはせず、奇跡物語も少ない。しかし、数少ない奇跡物語を、詳しく、劇的に描くこともマルコの特徴と言える。今日の箇所も、マタイやルカは、比較的短くまとめているが、マルコは、出来事の後に、癒された者の行動にまで触れている。
 近年、「重い皮膚病」と訳されるlepra(らい病)は、大昔から不治の病、恐ろしい病気として烙印を押されてきたが、聖書の中でも、レビ記が13章をすべて、この病気にあてている。この病気にかかり、祭司から「あなたは汚れている」と判断された者は、隔離され、「わたしは汚れた者です」と呼ばわり、その症状がある限り、一人で、人々の住む町の外で住まなければならない、と規定されていた。
 日本でも、近年にいたるまで、この病に対する厳しい目から多くの病人が、非人間的な扱い、差別を受けてきたことはご存じの通り。コロナのまん延に際して、あえて誹謗中傷や差別を戒めるよう、行政の長が発言するのは、現代の社会にも、これに類する意識が潜んでいるからではないか。
 イエスが、そうした苦しみを担ってきた病者に、慈しみの目を注ぎ、癒しの業を行ったことは、当時の人々にとって、驚くべきことだったに違いない。共観福音書がこぞって、この出来事をイエスの公生活の、まず、はじめに記すのは、それだけ、インパクトが大きかったからだろう。イエスの業を通して示された神の愛の広さ・深さに触れる恵みを祈ろう。(S.T.)

年間第一木曜日(1/13)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。