Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

人と仲直りするように努めなさい

ルカ12:58
集会祈願

🌸 第一朗読 (ローマ7.18-25a)

 18〔皆さん、〕わたしは、自分の内には、つまりわたしの肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はありますが、それを実行できないからです。 19わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている。 20もし、わたしが望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪なのです。 21それで、善をなそうと思う自分には、いつも悪が付きまとっているという法則に気づきます。 22「内なる人」としては神の律法を喜んでいますが、 23わたしの五体にはもう一つの法則があって心の法則と戦い、わたしを、五体の内にある罪の法則のとりこにしているのが分かります。 24わたしはなんと惨めな人間なのでしょう。死に定められたこの体から、だれがわたしを救ってくれるでしょうか。 25わたしたちの主イエス・キリストを通して神に感謝いたします。

🌸 答唱詩編 詩編119 典75 ③④

アレルヤ唱 典269 17A

🌸 福音朗読 (ルカ12.54-59)

ルカによる福音
 54〔そのとき、イエスはまた群衆にも言われた。〕「あなたがたは、雲が西に出るのを見るとすぐに、『にわか雨になる』と言う。実際そのとおりになる。 55また、南風が吹いているのを見ると、『暑くなる』と言う。事実そうなる。 56偽善者よ、このように空や地の模様を見分けることは知っているのに、どうして今の時を見分けることを知らないのか。」
 57「あなたがたは、何が正しいかを、どうして自分で判断しないのか。 58あなたを訴える人と一緒に役人のところに行くときには、途中でその人と仲直りするように努めなさい。さもないと、その人はあなたを裁判官のもとに連れて行き、裁判官は看守に引き渡し、看守は牢に投げ込む。 59言っておくが、最後の一レプトンを返すまで、決してそこから出ることはできない。」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 カルペ・ディエム。今日をつかめ。この有名な言葉は、文学や映画、広告でも、情熱をもって生きるよう、私たちを励まします。明日は保証されていないのだから、今日を精一杯生きなさい。私たちはこの言葉を、快楽を求めたり自己中心に生きたりすることと結びつけがちですが、キリスト者としては、神がくださる恵みを見失わないよう「今日」イエスに従うよう思い出させてくれる言葉と捉えることができます。

 今日の福音朗読で、イエスが御自分のまわりに集まった群衆と白熱した会話を締めくくろうとされるとき、この姿勢について語られます。イエスは、ファリサイ派の偽善を避けるよう、神と本当につながっていることを優先するよう、そしてイエスが再び来られる時に備えるよう、彼らに警告されます(ルカ12:1、20-21、40)。最後に、彼らには目の前で起こっていることを見る能力がないとイエスは告げられます。天気の予兆を見て行動することはできるのに、なぜ「今の時」の霊的重要性を認識することができないのでしょうか。イエス御自身が彼らの目の前に立っておられました。これは、彼らが悔い改めてイエスを救い主として受け入れる好機でした。彼らは目が見えなかったのでしょうか。それとも見ないことを選択しただけでしょうか。

 おそらく両方だったのでしょう。この人々は、イエスにつき従い、説教を聞きましたが、自分たちの生き方を変えようとはしませんでした。イエスの弟子たちでさえ、「自分の持ち物を売り払って(……)尽きることのない富を天に積みなさい」(ルカ12:33)というイエスの呼びかけに応えるのに苦労していたのです。

 彼らと同じように、私たちも自分の生き方について神が呼んでおられることをつかむのに苦労します。聖パウロは自分の体験からこう描写します。「わたしは自分の望む善は行わず、望まない悪を行っている」(ロマ7:19)。弟子たちやパウロのように私たちも、イエスが私たちの前に差し出しておられる恵みをつかみ取る準備が、ある瞬間はできているのに、次の瞬間には気づきもしないのです。それでもイエスは、群衆の前に立っておられたように、今日のための恵みを携えて私たちの前に立っておられます。

 あなたがどこにいようとも、今日が神の訪れてくださる時(ルカ19:44)です。イエスは言われます。「わたしはここにいる。あなたを助けさせてほしい。あなたの目を開き、あなたの心を変え、わたしに従う次の一歩を踏み出せるようあなたを助ける恵みを、わたしは持っている」。

 時は今、今日をつかめ。

 「主よ、今日あなたがくださる恵みをつかめるよう私を助けてください」。

『毎日の黙想』、聖母の騎士社、2022年10月22日。

年間第二十九金曜日(10/22)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です