Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

忠実な良い僕だ。よくやった。

マタイ25:23

聖アウグスチヌス司祭教会博士 記念日

集会祈願

🌸 第一朗読 (一テサロニケ4.9-11)

 9{皆さん、〕兄弟愛については、あなたがたに書く必要はありません。あなたがた自身、互いに愛し合うように、神から教えられているからです。 10現にあなたがたは、マケドニア州全土に住むすべての兄弟に、それを実行しています。しかし、兄弟たち、なおいっそう励むように勧めます。 11そして、わたしたちが命じておいたように、落ち着いた生活をし、自分の仕事に励み、自分の手で働くように努めなさい。 

🌸 答唱詩編 詩編98 典149 ①④

アレルヤ唱 典268 ⑮

🌸 福音朗読 (マタイ25.14-30)

マタイによる福音
 14〔そのとき、イエスは弟子たちにこのたとえを語られた。〕「天の国はまた次のようにたとえられる。ある人が旅行に出かけるとき、僕たちを呼んで、自分の財産を預けた。 15それぞれの力に応じて、一人には五タラントン、一人には二タラントン、もう一人には一タラントンを預けて旅に出かけた。早速、 16五タラントン預かった者は出て行き、それで商売をして、ほかに五タラントンをもうけた。 17同じように、二タラントン預かった者も、ほかに二タラントンをもうけた。 18しかし、一タラントン預かった者は、出て行って穴を掘り、主人の金を隠しておいた。 19さて、かなり日がたってから、僕たちの主人が帰って来て、彼らと清算を始めた。 20まず、五タラントン預かった者が進み出て、ほかの五タラントンを差し出して言った。『御主人様、五タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに五タラントンもうけました。』 21主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』 22次に、二タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、二タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに二タラントンもうけました。』 23主人は言った。『忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』 24ところで、一タラントン預かった者も進み出て言った。『御主人様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていましたので、 25恐ろしくなり、出かけて行って、あなたのタラントンを地の中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です。』 26主人は答えた。『怠け者の悪い僕だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。 27それなら、わたしの金を銀行に入れておくべきであった。そうしておけば、帰って来たとき、利息付きで返してもらえたのに。 28さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。 29だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。 30この役に立たない僕を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』」

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana
祈る花:Inoruhana

🌸 分かち合い

 有名な「タラントンのたとえ」。少々大げさとも思える額の金子を主人は僕に預けて旅に出ます。それは、神が人間に委ねるものの大きさを表します。そして、僕はそれを倍にして主人に報告します。本人の努力はもちろんですが、種を成長させ、実りをもたらすのは神です。しかし、僕の中には、恐れのためにいただいたものを生かさず、地中に埋めたものがいると言います。恐れのあまり、失敗を恐れ、人々の反対を恐れ、自信のなさのために、何もせずに無為に時を費やす人です。わたしたちの中にも、そんな恐れがないと言えるでしょうか。
 「天の国」は、神の恵みと人間の働きの共同作業によるものです。人間の協力なしに、神一人では何もおできになりません。恵みと人間の協力。今日祝う大聖人アウグスティヌスは、まさに、その両立を生涯の課題として取り組みました。若い時の放蕩によって母親モニカを悲しませた末、30を超えて息子と共に洗礼を受け、聖人への道を歩み始めます。自分のうちに働く神の偉大な恵みの力に自らを委ね、司教として、当時の教会を襲った様々な異端と戦いながら、神の恵みについて味わい深い言葉をいくつも残しています。
 生涯を振り返って綴った『告白録』に刻まれた珠玉のような言葉を思い起こし、味わいましょう。「あなたはわたしたちを、ご自身に向けてお造りになりました。ですから、わたしたちの心は、あなたのうちに憩うまで、安らぎを得ることができないのです。」「古くて新しい美よ、あなたを愛することがあまりにも遅すぎました。あなたは内にあったのに、わたしは外にあり、むなしくあなたを外に追い求めていました。」(S.T.)

年間第二十一土曜日(8/28)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:         

One thought on “年間第二十一土曜日(8/28)

  • 8月 28, 2021 at 8:13 am
    Permalink

    小さくつまらないものと自分を蔑む事もありますが、
    私を救い選ばれた神よ、あなたのために、あなたを喜ばせるために私が成すべき事を
    どうぞ教えてください。
    私の心を聖霊様が満ち溢れますように。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です