非営利団体のボランティアのために祈る (12月)

待降節第一土曜日(12月5)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

群衆を見て、深く憐れまれた

マタイ9:36
集会祈願

???? 第一朗読 (イザヤ30.19-21、23-26)

 19〔イスラエルの聖なる神、主は言われる。〕まことに、シオンの民、エルサレムに住む者よもはや泣くことはない。主はあなたの呼ぶ声に答えて必ず恵みを与えられる。主がそれを聞いて、直ちに答えてくださる。20わが主はあなたたちに災いのパンと苦しみの水を与えられた。あなたを導かれる方はもはや隠れておられることなくあなたの目は常にあなたを導かれる方を見る。21あなたの耳は、背後から語られる言葉を聞く。「これが行くべき道だ、ここを歩け右に行け、左に行け」と。
23主は、あなたが地に蒔く種に雨を与えられる。地の産み出す穀物は豊かに実る。その日にはあなたの家畜は広い牧場で草をはみ24地を耕す牛やろばはふるいや箕でえり分け発酵させた飼葉を食べる。25大いなる殺戮の日、塔の倒れるときそびえ立つすべての山、高い丘の上に水路が造られて、水を運ぶ。26主が民の傷を包み重い打ち傷をいやされる日月の光は太陽の光になり太陽の光は七倍になり七つの日の光となる。

???? 答唱詩編 詩編 典

アレルヤ唱 典

???? 福音朗読 (マタイ9.35~10.1、5a、6-8)

 35〔そのとき、〕イエスは町や村を残らず回って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、ありとあらゆる病気や患いをいやされた。 36また、群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。 37そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。 38だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」
 1イエスは十二人の弟子を呼び寄せ、汚れた霊に対する権能をお授けになった。汚れた霊を追い出し、あらゆる病気や患いをいやすためであった。 
5イエスはこの十二人を派遣するにあたり、次のように命じられた。イスラエルの家の失われた羊のところへ行きなさい。 7行って、『天の国は近づいた』と宣べ伝えなさい。 8病人をいやし、死者を生き返らせ、重い皮膚病を患っている人を清くし、悪霊を追い払いなさい。ただで受けたのだから、ただで与えなさい。

奉納祈願

拝領祈願

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 主イエスはすべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされました。そして目の前の群衆が救いを求めて集まっている姿を見て、「深く憐れまれました」。なぜならば、「羊飼いがいない羊の様に弱り果てて倒れている」…教え導いてくれる人がいないので、人生に疲れ、目的がなく、希望のない人生を送っているからです。その原因は「働き手が少ない」という事です。多くの人が救いを求めています。主イエス一人では到底対応なさらないので協力者とする働き手を願っておられます。現代社会の中で、主イエスのような深い憐みを持っている働き手が本当に必要です。

 それで、主イエスが十二人の使徒を選び、そして彼らを派遣したのです。その派遣命令は異邦人やサマリア人のところに行くのではなく、イスラエル人の失われた羊のところに行きなさいと言われています。ここでは、異邦人やサマリア人を気に留めていない、ということではありません。でも、なぜ主イエスはそのようなことを言われたかと言いますと、皆さんがご存知の通り、このマタイ福音はユダヤ人に向けて書かれた福音だから、まずこの選ばれた民に、近い人に先に「天の国が近づいた」という良いお知らせを宣べ伝える必要があるということになったのです。

 使徒たちにイスラエル人に御国を伝えることを命じておられるように、私たちが私たちと接点を持つことのできる人々、例えば家族の人々、一緒に働いている仲間を大事にして、彼らに良いお知らせを宣べ伝えようと主イエスはまねてくださいます。

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

コメントする