Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print

天地創造の前に、神はわたしたちを愛して(いる)。

エフェソ1:4

聖テレジア(イエスの)おとめ教会博士

集会祈願

全能の父よ、あなたは聖テレジアを聖霊によって導き、神との一致に達する道を教会に示してくださいました。聖女の教えを心の糧とし、聖性へのあこがれに目覚めることができますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

???? 第一朗読 (エフェソ1:1-11)

 

1神の御心によってキリスト・イエスの使徒とされたパウロから、エフェソにいる聖なる者たち、キリスト・イエスを信ずる人たちへ。 2わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。3わたしたちの主イエス・キリストの父である神は、ほめたたえられますように。神は、わたしたちをキリストにおいて、天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださいました。 4天地創造の前に、神はわたしたちを愛して、御自分の前で聖なる者、汚れのない者にしようと、キリストにおいてお選びになりました。 5イエス・キリストによって神の子にしようと、御心のままに前もってお定めになったのです。 6神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい恵みを、わたしたちがたたえるためです。 7わたしたちはこの御子において、その血によって贖われ、罪を赦されました。これは、神の豊かな恵みによるものです。 8神はこの恵みをわたしたちの上にあふれさせ、すべての知恵と理解とを与えて、 9秘められた計画をわたしたちに知らせてくださいました。これは、前もってキリストにおいてお決めになった神の御心によるものです。 10こうして、時が満ちるに及んで、救いの業が完成され、あらゆるものが、頭であるキリストのもとに一つにまとめられます。天にあるものも地にあるものもキリストのもとに一つにまとめられるのです。 

???? 答唱詩編 詩編98 典149①②

 答 遠く地の果てまで、
   すべての者が神の救いを見た。

新しい歌を神にうたえ。
神は不思議なわざを行われた。
神の偉大な右の手、
そのとうとい腕は救いの力。 【答】

神は救いをしめし、
諸国の民に正義を現された。
いつくしみとまことをもって、
イスラエルに心を留められる。 【答】

アレルヤ唱 典269 47

アレルヤ、アレルヤ。わたしは道、真理、いのち。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行かれない。アレルヤ、アレルヤ。

???? 福音朗読 (ルカ11:47-54)

ルカによる福音

 47〔そのとき、イエスは言われた。〕あなたたちは不幸だ。自分の先祖が殺した預言者たちの墓を建てているからだ。 48こうして、あなたたちは先祖の仕業の証人となり、それに賛成している。先祖は殺し、あなたたちは墓を建てているからである。 49だから、神の知恵もこう言っている。『わたしは預言者や使徒たちを遣わすが、人々はその中のある者を殺し、ある者を迫害する。』 50こうして、天地創造の時から流されたすべての預言者の血について、今の時代の者たちが責任を問われることになる。 51それは、アベルの血から、祭壇と聖所の間で殺されたゼカルヤの血にまで及ぶ。そうだ。言っておくが、今の時代の者たちはその責任を問われる。 52あなたたち律法の専門家は不幸だ。知識の鍵を取り上げ、自分が入らないばかりか、入ろうとする人々をも妨げてきたからだ。」 53イエスがそこを出て行かれると、律法学者やファリサイ派の人々は激しい敵意を抱き、いろいろの問題でイエスに質問を浴びせ始め、 54何か言葉じりをとらえようとねらっていた。

奉納祈願

 父である神よ、聖テレジアの生涯の奉献を快く受け入れてくださったように、わたしたちがささげる供えものを受け入れ、み心にかなうものとしてください。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

拝領祈願

 救いの源である神よ、天からのパンで養われたあなたの家族を力づけてください。聖テレジアとともに、あなたのいつくしみを永遠に喜び歌うことができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 人間は救いへの道、つまり、完全な愛と最高の幸福への道を、知らないにもかかわらず、神がその道を示すために預言者を遣わしても、預言者の言葉に従う代わりに、それを無視したり、預言者を殺したりしました。それだけではなく、神の御ひとり子さえも、預言者と同じ目に逢わせたのです。このような人間は、責任を問われたら、どうなるのでしょうか。

 昔の人と同じように、神の言葉を無視したり、与えられた恵みを無駄にしたり、自分の中にある神の命を殺したりする人は、自分の愚かさ、自分の過ちを素直に認めて、神のいつくしみ深い愛において希望を見出し、神のゆるしを受け入れるとともに、神と和解することができますように祈りましょう。

年間第二十八木曜日(10月15)
Send by Email
Facebook
Twitter
Line
Print
Tagged on:     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。