教育にたずさわる人たちのために祈る (1月)

年間二十一月曜日(8/24)

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。

ヨハネ1:45

聖バルトロマイ使徒

集会祈願

 救いの源である神よ、使徒バルトロマイの殉教を記念するわたしたちに、まことを尽くして御子7キリストに従う信仰をお与え下さい。使徒の祈りと模範に励まされて、教会が、すべての人の救いの秘跡となることができますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

???? 第一朗読 (黙示録21:9b-14)

 〔天使が〕わたしに語りかけてこう言った。「ここへ来なさい。小羊の妻である花嫁を見せてあげよう。」 10この天使が、“霊”に満たされたわたしを大きな高い山に連れて行き、聖なる都エルサレムが神のもとを離れて、天から下って来るのを見せた。 11都は神の栄光に輝いていた。その輝きは、最高の宝石のようであり、透き通った碧玉のようであった。 12都には、高い大きな城壁と十二の門があり、それらの門には十二人の天使がいて、名が刻みつけてあった。イスラエルの子らの十二部族の名であった。 13東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門があった。 14都の城壁には十二の土台があって、それには小羊の十二使徒の十二の名が刻みつけてあった。

???? 答唱詩編 詩編145 典63②⑤

:神は恵みとあわれみに満ち、
  怒るにおそく、いつくしみ深い。

神よ、造られたすべてのものはあなたをたたえ、
あなたに従う人は感謝して歌う。
彼らはあなたの国の栄光を語り、
力あるわざを告げ知らせる。 【答】

神の行われることはすべて正しく、
そのわざはいつくしみに満ちている。
たすけを求めるすべての人、
心から祈る人のそばに神はおられる。 【答】

アレルヤ唱 典277 聖バルトロマイ

 アレルヤ、アレルヤ。師よ、あなたは神の子、イスラエルの王。アレルヤ、アレルヤ。

???? 福音朗読 (ヨハネ1:45-51)

ヨハネによる福音

 45〔そのとき、〕フィリポはナタナエルに出会って言った。「わたしたちは、モーセが律法に記し、預言者たちも書いている方に出会った。それはナザレの人で、ヨセフの子イエスだ。」 46するとナタナエルが、「ナザレから何か良いものが出るだろうか」と言ったので、フィリポは、「来て、見なさい」と言った。 47イエスは、ナタナエルが御自分の方へ来るのを見て、彼のことをこう言われた。「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない。」 48ナタナエルが、「どうしてわたしを知っておられるのですか」と言うと、イエスは答えて、「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」と言われた。 49ナタナエルは答えた。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」 50イエスは答えて言われた。「いちじくの木の下にあなたがいるのを見たと言ったので、信じるのか。もっと偉大なことをあなたは見ることになる。」 51更に言われた。「はっきり言っておく。天が開け、神の天使たちが人の子の上に昇り降りするのを、あなたがたは見ることになる。」

奉納祈願

 全能の神よ、使徒バルトロマイを祝って、賛美のいけにえをささげます。聖人の祈りに支えられて、あなたの力強い助けをいただくことができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

拝領祈願

 父である神よ、聖バルトロマイを祝い、主の食卓にあずかったわたしたちの祈りを聞き入れてください。この秘跡がわたしたちの日々の生活の力となり、永遠のいのちに導くものとなりますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

祈る花:Inoruhana

???? 分かち合い

 人間は限界があります。耳で聞くことは、聞いても実は思ったとおりと違う可能性があります。目で見ても、実はそれと違う可能性があります。愛を持って見ると事実と違っても心が平安を得ることができ、良い生き方になると思います。一方、えこひいきを持って見ると事実と違ったらもっとひどくなり、なかなか良い生き方になれないと思います。

 今日は使徒バルトロマイの祝日です。使徒バルトロマイはヨハネ福音書によってフィリポの友人であり、ナタナエルという他の名前を持っています。ナタナエルは主イエスに出会う前にまことのイスラエル人、偽りがない人だったかもしれませんが、ナザレに対して、悪いイメージまたはえこひいきあるいは皮肉な思いを持っている人でした。「ナザレから何か良いものが出るだろうか」。

 しかし、主イエスに出会うと、この良くないイメージが変わりました。主イエスは神の目で、救い主の目で、ナタナエルの心を見通りました。それで、ナタナエルはナザレのイエスへの信仰を告白しました。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です」ということをナタナエルは認めていました。この経験を通して、ナタナエルは完全に回心して、すべてを捨てて、主イエスに従いました。

 このイエスとの最初の出会いの時からご復活まで、バルトロマイ・ナタナエルについて、聖書には何一つ特別なことは書いてありません。彼は十二人の使徒に加えられ、他の使徒達と一緒に、三年間、主イエスの仲間となっていました。使徒バルトロマイは聖霊降臨の後、どこで宣教したのかはっきりとは分かりませんが、イラン、イラク、アルメニアなどの地であったと伝えられています。

 どうか使徒バルトロマイの取り次ぎによって、主イエスの目を得るよう、主イエスの目で兄弟・姉妹、そしてすべてを見ることができますよう一緒に願い求めましょう。

Facebook
Twitter
Facebook Messenger
Line
Pinterest
Send by Email
LinkedIn
Print

関連投稿🌸

コメントする